2019年02月10日

【大相撲トーナメント速報!】元稀勢の里の荒磯親方が初解説の前で、弟弟子の高安が初優勝!・・・花相撲とはいえ、来たる春場所に向かって、弾みがつくのは間違いないでしょう

高二の娘がコロコロとチャンネルを
替えている中、今日、大相撲トーナ
メントがあることを私も知りました。

最初はCSのフジテレビONEで生中継
されていました。

解説は元豪風の押尾川親方。

(*豪風のカードです。↓)




最近、娘もすっかり相撲ファンと
なり、一緒に生中継を見ていました
が、ほどなく、「16時過ぎからは
フジテレビで地上波の放送をご覧
下さい」とのアナウンスが。

そういえば、以前、ネットニュースで
「元稀勢の里の荒磯親方の初解説は
大相撲トーナメントで」と聞いて
いました。

ということは、今日です!

案の定、16時からの地上波中継では
解説が・・・。

元大乃国の芝田山親方!

「稀勢の里じゃないじゃないか!」と
思っていたら、客席に座って解説を
始める元稀勢の里、荒磯親方が画面に
映し出されました。

「おー!」と歓声を上げてしまい
ましたね。

スーツ姿の稀勢の里、いや、荒磯親方。

(*引退記念号です。↓)




・・・まだ、呼び慣れませんなあ、荒磯
親方なる名称は。

ほどなく、芝田山親方の横に座った
荒磯親方。

解説はどうだったかと言えば・・・。

「興味深かった」ですよ。

やっぱり、つい先日まで本場所で綱を
張っていたわけですからね。

トーナメントに出てくる力士を次々に
評しては、「この力士にはこの部分を
気を付けていた」とか、こればかりは
先日まで現役だった力士にしかでき
ません。

ただねえ、話し口調は少し勉強しない
といけないでしょうなあ。

「~でね」と「ね」を語尾に付ける
のは、現役の30代のスポーツ選手
にはありがちな口癖ですが、これは
解説者としてはいけません。

人によっては、「上から目線だ」と
立腹しますから。

舞の海さんの口調なんかは丁寧で、
参考になるかと思いますから、ぜひ
見習ってもらいたいものです。

さて、肝心のトーナメントの方ですが、
私も途中、用事があり外出してしまい、
先程、結果だけ聞きました。

高安が優勝しましたか!

確かに、大相撲トーナメントはいわゆる
花相撲ですから、あまり当てにはなり
ませんが、それでも、一応優勝賞金も
出る大会ですからね。

来たる春場所に向かって、弾みがつく
ことは間違いないでしょう。

荒磯親方の初解説の前で、弟弟子の
高安が初優勝。

明日、サンケイスポーツあたりは一面に
してくれるんじゃないですか。

期待したいですね。



*稀勢の里と高安の取組については、
このDVDを見て、思いを馳せたい。↓





posted by あらやまはじめ at 20:29| 神奈川 ☁| Comment(0) | 高安 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:







「いいね!」はコチラ!↓


にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
にほんブログ村

にほんブログ村 歴史ブログ 日本の伝統・文化へ
にほんブログ村