2019年01月26日

【平成31年大相撲初場所・十四日目速報!】玉鷲、涙ぐむのはまだ早い、明日勝って初優勝してからにしようではありませんか!・・・貴景勝は「直前3場所33勝」をクリア、来場所の大関昇進は確定的、明日勝てば決定です!

先に白鵬が今日から休場することを
当ブログでも触れましたが、今日の
対戦相手の豪栄道はまさかの不戦勝で
勝ち越しが決定しました。

これもどうかとは思いますが・・・。

でもねえ、もういいです。

両者ともそんなに先は長くないです
から。

それより、2敗の玉鷲と3敗の貴景勝の
相撲を振り返ろうではありませんか。

まずは、玉鷲。

今日の対戦相手は碧山。

今場所の碧山は前半戦は好調でして、
立ち合いに先んずれば、同じ押し相撲
の力士です、玉鷲を一気に持っていき
かねない力を持っています。

高二の娘と一緒に大相撲中継を見て
いて、私は「玉鷲、待ったをかけて
もいいぞ」と言っていたら、玉鷲、
やはり、待ったをかけました。

これはねえ、待ったをかけた玉鷲に
拍手を送りましたよ。

だいたい、初優勝がかかっている
わけです。

極度の緊張もあるでしょう。

聞けば、玉鷲は初土俵から今場所で
ちょうど90場所。

15年ですよ。

15年経って、初めて回ってきた初優勝
のチャンス。

「緊張するな」という方がおかしい。

二度目の立ち合い、碧山は両手を出して
当然のように押してきました。

しかしねえ、「待った」のおかげか、
玉鷲はやや落ち着いていました。

右からのおっつけで、碧山の左手を
封じては、逆に押し返して、一気に
碧山を押し出しました。

玉鷲、2敗をキープ!

勝ち残りで土俵下に降りた玉鷲。

涙ぐんでいるように見えました。

でもねえ、まだ一日早い。

明日、優勝してからにしようでは
ありませんか。

3敗の貴景勝が隠岐の海に勝った
一番もちょっと振り返っていき
ましょう。

立ち合いから貴景勝は一気に押して、
問題にしませんでしたね。

隠岐の海からすれば、やりづらかった
かもしれません。

貴景勝はこれで「直前3場所で33勝」
をクリアです。

来場所の大関昇進は確定的です。

明日、勝てば決定と言っていい
でしょう。

もう、間違いない。

しかし、玉鷲ですよ、明日の主役は。

明日、遠藤戦に勝てば、結びに組まれた
貴景勝の取組を待たずに優勝が決まり
ます。

行けるでしょう!

大願成就を期待したいと思います!




*観戦ガイド! ↓








posted by あらやまはじめ at 20:45| 神奈川 ☀| Comment(0) | 玉鷲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:







「いいね!」はコチラ!↓


にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
にほんブログ村

にほんブログ村 歴史ブログ 日本の伝統・文化へ
にほんブログ村