2019年01月23日

【平成31年大相撲初場所・十一日目速報!】病み上がりの御嶽海が白鵬に勝つとはねえ・・・明日、「1敗の白鵬×2敗の玉鷲」戦、結果次第では3敗の貴景勝にもチャンスが出てくる重要な一番となります、見逃せません!

昨晩はあまりの多忙に時間を取れず、
当ブログの更新はままなりません
でした。

今日はやります。

というか、今日は図らずも、16時半
くらいから大相撲中継を見られました
ので。

ラッキーでした。

この時間から見ると、平幕の相撲にも
ちょっと先に触れておきたくなります。

普段はなかなか見られませんので。

まずは、私が注目している新入幕の
矢後から。

今日の対戦相手は大学相撲の先輩、
朝乃山でしたが、やっぱりねえ、
朝乃山の「先輩の意地」が勝り
ましたよ。

左四つの矢後は右四つの朝乃山に
一旦は差し勝ちましたが、すぐに
切られ、いいところなく敗れました。

まだ新入幕ですから、どうこう言う
つもりはありませんが、「左四つ」
というからには、その形に一度でも
なったら、勝ち切る相撲を今後は
覚えてもらいたいですね。

体は朝乃山より大きく、柔らかそう
ですから、タイプ的には幕内に定着
しつつある輝のような感じでしょうか。

ただ、輝よりも四つ相撲に「どっしり
感」のようなものは数番見るだけでも
伺えます。

今日で7勝4敗。

なんとか勝ち越して、来場所も幕内で
見たいものですよ。

遠藤と嘉風戦についても一言。

勝ち越した遠藤よりも、一方的に
敗れた嘉風があまりにも元気がない
のが気になります。

矢後にしろ、嘉風にしろ、尾車部屋の
力士です。

今日引退会見を開いた豪風も尾車部屋
ですが、何か影響でもあったんですかね?

序盤から嘉風は一方的に敗れることが
多く、ちょっと心配でしたが、36歳
ですからねえ。

39歳の豪風より3歳若いとはいえ、
どこかケガをしている可能性がある
と言わざるを得ないでしょう。

さて、上位戦に参ります。

やはり、七日目から休場しては今日
から再出場の御嶽海がいきなり白鵬
戦にぶつけられるという一番が今日
一番の注目でした。

これはねえ・・・。

審判部も無謀なことをするなと、
取組前には私も思っていましたが、
思わぬ展開となりました。

立ち合い、白鵬の左を差させまいと、
御嶽海は右を固めては、中に入って
押すような形になりました。

白鵬、今場所の序盤のような「受ける
相撲」になってしまいましたね。

また、御嶽海が病み上がりということも
あり、取りづらかったのも事実でしょう。

御嶽海、白鵬にまわしをつかませず、
一気に前に出て押し出し。

完璧な押し相撲でした。

ただ・・・。

勝った後も、御嶽海は足を引きずって
いました。

明日以降、相撲が取れるのかな?

ちょっと心配ですね。

しかし、優勝争いという観点からは
これで面白くなってきました。

今日の日刊スポーツの相撲欄にも
大きく取り上げられていましたが、
2敗の玉鷲が今日も琴奨菊戦、やや
危ないところはありましたが、押し
出して2敗をキープ。

その玉鷲、明日、白鵬戦です。

過去は13対0で白鵬が一度も負けて
いませんが、こういう時くらい、
過去の対戦成績が当てにならない
ことはありません。

万が一、一気の押し相撲で玉鷲が
白鵬に勝つようなことがあれば、
玉鷲の初優勝の可能性はもちろん
のこと、3敗をキープしている
先場所の覇者、貴景勝にもチャンス
が出てきます。

なにしろ、まだ、白鵬戦を残して
いますから。

こうなったら、心情的には「玉鷲の
初優勝」を期待したくなるところ
ではありますが、貴景勝の2場所
連続優勝というのも、「新時代」を
ますます感じさせるような気がして、
ワクワクしてきます。

残り4日間。

ちょっと、ここまで停滞気味だった
初場所ですが、ようやっと、面白く
なってきましたよ。

明日の重要な一番、見逃せません!



*貴景勝グッズです! ↓









posted by あらやまはじめ at 21:51| 神奈川 | Comment(0) | 御嶽海 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:







「いいね!」はコチラ!↓


にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
にほんブログ村

にほんブログ村 歴史ブログ 日本の伝統・文化へ
にほんブログ村