2019年01月16日

【稀勢の里引退速報】晩節を汚してしまったことは無念極まりない・・・しばし、ゆっくり休んでほしいですね、長い間、本当にお疲れ様でした・・・

出先ですので、手短かに参ります。

稀勢の里が引退することを師匠の
田子ノ浦親方が今日の午前に発表
しました。

もはや、時間の問題でしたし、
私は当ブログで一昨日の時点で
「サヨナラ」と表明しましたので、
むしろ「遅きに失した」感すら
あります。

晩節を汚してしまったことは無念
極まりない。

あれだけの力士が最後の最後に
見せた「老醜」とも言える執着は、
歴代横綱のそれとは明らかに
違っており、その点だけは残念で
なりません。

ただ、それで稀勢の里という稀代の
力士の価値が下がるわけでは決して
ありません。

大関時代、いや、大関になる前から
ですが、「何かを持ってる」力士
でした。

しかし、肝心なところでポカを
おかし、本人はおろか、ファンも
地団駄を踏んだ回数は数知れ
ません。

ようやくつかんだ初優勝、そして、
綱の地位。

それも、二度目の優勝と引き換えに、
致命的なケガを負い、結果、その後の
休場、さらには引退にまで追い込ま
れてしまった・・・。

「悲運の横綱」だったとも言えます。

あまり時間もありません。

また、後日、ゆっくり稀勢の里の
軌跡については詳しく触れることに
したいと思います。

疲れたでしょう。

しばし、ゆっくり休んでほしい。

心身ともにね。

長い間、お疲れ様でした。



*忘れませんよ。↓




posted by あらやまはじめ at 10:42| 神奈川 ☀| Comment(0) | 稀勢の里 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:







「いいね!」はコチラ!↓


にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
にほんブログ村

にほんブログ村 歴史ブログ 日本の伝統・文化へ
にほんブログ村