2018年11月28日

稀勢の里への横審の「激励」通告は遅きに失しました・・・年寄りの集団のやることは常に一歩遅れています、言われなくても分かっていますよ、稀勢の里は

夜も遅いので一言。

・・・その前に、今日の昼間、私のニュース
ブログに相撲関連記事を書きましたので、
一応リンクを貼っておきます。↓


・元貴乃花親方、花田光司さんが妻の景子さんと離婚していたことにさほどの驚きはありませんでしたが・・・ここまでいろいろなことが 続くと、彼の身が心配になってきますよ、同年代の男としては

http://arayamanews.seesaa.net/article/462943685.html


さて、今日、私はスポニチを購入しました
が、上記の「元貴乃花親方の離婚」記事が
一面でしたが、5面には稀勢の里関連の
話題が掲載されていました。

昨日、横審は稀勢の里に対して「激励」
の通告を送りました。

「激励」というと応援しているように
聞こえますが、これ、横審的には
「引退勧告」、「注意」に次ぐ勧告の
一種でして、むしろ「叱咤(激励)」
に近いかな。

でもねえ、遅きに失しましたよ。

本来なら、先場所稀勢の里が二桁勝利を
挙げた秋場所前に出しておくべきだった。

だいたい、横審は9人いますが、全員
69歳以上の「年寄りの集団」です。

もちろん、それだけ相撲に造詣が深い
のかもしれません。

ただねえ、もうちょっと若い人を
いれないと、「時代遅れ」になり
かねないですよ。

やることなすこと、常に一歩遅れて
いる。

稀勢の里からすれば、本人は決して
言わないでしょうが「そんなこと、
言われなくても分かっている」と
いう心境でしょう。

初場所に引退がかかることくらい、
横審に言われなくたって、相撲ファン
なら誰でも知っています。

・・・書きたいことはもっとありますが、
今日は夜も遅い。

この話題、後日、再び取り上げる
こととしますね。



*この人にもう一度、横審の委員に
なってもらいたいものです。↓







posted by あらやまはじめ at 00:08| 神奈川 ☀| Comment(0) | 稀勢の里 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:







「いいね!」はコチラ!↓


にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
にほんブログ村

にほんブログ村 歴史ブログ 日本の伝統・文化へ
にほんブログ村