2018年11月14日

【平成30年大相撲九州場所・四日目速報】稀勢の里、4連敗も、今日は栃煌山相手に「あと一歩」まで行きました・・・引退はおろか、休場はもってのほか、明日から11連勝すればいいんです

夜も遅いので手短かに・・・。

今日の大相撲中継、私は見ることが
できませんでした。

先程、稀勢の里が栃煌山に敗れた
一番だけはスポーツニュースで
見ましたので一言。

「あと一歩」まで行きましたね、
今日は。

行司軍配は稀勢に上がるも、ビデオ
で見れば、確かに稀勢の方が先に
落ちていました。

でもねえ、今日の一番は吉兆と言って
いいんじゃないですか。

今場所初めて左を差して、前に出て
いましたからね。

一気に決めようとした姿勢は良かった。

ただ、栃煌山も今場所、体が動いて
いますからねえ。

当たった相手が悪かった。

稀勢、一部報道では「引退」なんて
二文字も出ていましたが、引退は
おろか、休場はもってのほかです。

先場所より絶対、体は動いている
のですから。

明日から11連勝すればいいんです。

私は案外、心配していません。

今回のようなことは、これまでも
何度もありました。

期待を裏切られ続けた歴史ですよ。

稀勢の相撲をずっと見てきたという
ことは。

黒星だけ見てどうのこうの言うのは
間違っている。

内容を見ましょうよ、内容を。



*改めて読んでおきたいですね。↓









ラベル:栃煌山 稀勢の里
posted by あらやまはじめ at 23:57| 神奈川 | Comment(0) | 稀勢の里 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:







「いいね!」はコチラ!↓


にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
にほんブログ村

にほんブログ村 歴史ブログ 日本の伝統・文化へ
にほんブログ村