2018年09月25日

【貴乃花親方・退職問題】芝田山親方曰く「引退届」ではなく「退職届」を出せと・・・なら、相撲協会は永久に貴乃花親方を辞めさせなければいいだけの話です

なんで、こう「泥沼化」するんですか
ねえ。

貴乃花親方と相撲協会が絡むと。

先に当ブログで【速報】を書いた時には、
今夕、貴乃花親方が記者会見をするとは
思っていませんでした。

風雲急ですよ、昨日から今日にかけて。

貴乃花親方の退職理由が「告発書の
内容を相撲協会から認めるな」と
いわゆる「圧力」を受けたことにある
ことはよく分かりました。

この告発書に関しては、弟子の貴公俊が
暴行事件を起こした際に、貴乃花親方は
一旦取り下げていたのですが、その後も
くすぶっていたということですな。

あの告発書は、そもそも取り下げるべき
ではなかったと、私も思っていました。

ただ、貴公俊がまさかの暴行事件を
起こしたため、貴乃花親方としても、
「取り下げざるを得なかった」という
のが実情でしょう。

しかし、その後、貴乃花親方が一門
を離脱すると共に、どこかの一門に
所属しなければならない、その条件と
して「告発書の内容を認めるな」と
言われれば、そりゃあ、貴乃花親方
ならずとも「筋違いだろう」と思う
のは当然の話でしてね。

貴乃花親方は既に、協会のNo.2から
「ヒラのヒラ」に降格されていました。

制裁は嫌と言うほど受けていたん
ですよ。

その上、告発状の内容まで否定しろ
と言われたら、頭に血が上るのは、
親方ならずとも、我々庶民だって
そう思うでしょう。

貴乃花親方の会見を受けて、相撲協会
は急遽、芝田山親方に会見をさせては、
「引退届」ではなく「退職届」を出せ
と言い始めました。

まず、この会見には芝田山親方では
なく、八角理事長が出るべきでした。

「八角理事長は逃げている」という
印象を受けた視聴者は多かったはず。

元大乃国の芝田山親方は現役時代も
「ガチンコ力士」として知られており、
だから抜擢されたのかもしれませんが、
相撲協会には逆風です。

「なぜ、芝田山親方が?」というのが、
大半の視聴者の疑問だったでしょうし、
一般的には「引退届も退職届も大して
変わらないじゃないか」と思った人の
方が多いでしょう。

「相撲協会は貴乃花親方を辞めさせたく
ないのでは」と感じた視聴者がほとんど
ですよ。

なら、相撲協会は貴乃花親方を永久に
辞めさせなければいいだけの話でしてね。

保留のままでいいんじゃないですか。

今頃になって、「貴乃花親方を辞めさせ
たら、相撲協会にとっては損失」と思って
いるのかもしれませんが、遅いですよ。

もう夜も遅いので、このくらいにして
おきますが、明日以降、また動きがある
でしょう。

随時、続報を当ブログでも追っていって、
私も言いたいことを書いていきたいと
思います。

ちょっと、ひどすぎるなあ、今回は。

・・・いや、今回も、か。



*興味深い一冊を見つけました。↓






posted by あらやまはじめ at 23:47| 神奈川 ☔| Comment(0) | 貴乃花親方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:







「いいね!」はコチラ!↓


にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
にほんブログ村

にほんブログ村 歴史ブログ 日本の伝統・文化へ
にほんブログ村