2018年09月16日

【平成30年大相撲秋場所・中日速報】全敗の玉鷲に一方的に押し出された稀勢の里、明日からの後半戦、勝ち越しすら微妙ですよ、厳しい・・・御嶽海も全敗の勢に敗れましたが、どちらももったいなかったですね

今日の大相撲中継、17時15分過ぎくらい
から一人で見ました。

娘が私に「忖度」したのでしょう、今日は
一人でじっくりとチェックできました。

今日も稀勢の里の一番から振り返って
いきたいと思いますが・・・。

今日は見るべきものは何もなかった
ですねえ。

対戦相手は昨日まで全敗の玉鷲でしたが、
私は全く「楽な相手」とは思っていません
でした。

なにより、今の稀勢にとって、立ち合い
から突き押しで一気に来られる玉鷲は
嫌な相手であることは間違いない。

案の定、想定していたとおりの展開と
なりました。

ちょっと、見ていきましょう。

立ち合い、稀勢は頭から当たっていき
ましたが、玉鷲は構わず突き押しで
稀勢の上体を起こしてきました。

稀勢は左を差すどころか、中に入る
ことも全くかなわず、玉鷲の突き押し
をそのまま「受ける」だけとなり、
一方的に押し出されました。

これはねえ・・・。

素直に当たりすぎたかなあ・・・。

玉鷲とはいえ、全敗相手にここまで
一方的に押し出されると、明日からの
後半戦、ちょっと心配になってきます。

明日の栃ノ心戦を皮切りに、三役以上
の力士との対戦が続きますから。

中日まで6勝2敗は上出来ではあります
が、下手したら、明日から全敗という
こともあり得ます。

もし、6勝9敗で場所を終えることに
なれば・・・。

というか、負け越しが決まった時点で
引退という可能性も出てきかねません。

稀勢のことですから、最後まで土俵には
上がり続けるでしょうが。

あるいは、負け越して、場所後、すぐに
引退発表をするのか。

厳しいよねえ・・・。

勝ち越しまであと2勝ですが、その2勝は
あまりにも遠すぎますよ、今の稀勢に
とっては。

まあ、後半戦の稀勢を粛々と見守るしか
ないですなあ。

稀勢の話題がまたも長くなりました。

ですが、今場所の最大の焦点ですからね。

はっきり言って、今場所はだれが優勝
しようが、私はあまり気にしていません。

「稀勢が復活できるかどうか」

この一点だけですよ、今場所の存在価値は。

・・・と言っては、場所後の大関昇進を望む
御嶽海のファンに失礼か。

その御嶽海の取組についても一言触れて
おきましょう。

勢戦でしたが、今日は勢の右差しを御嶽海
が気にしすぎて、逆に勢に一気に持って
いかれましたね。

勢も昨日まで全敗でしたが、実力者でも
あります、「楽に勝てる」と思った瞬間、
墓穴を掘ることになります。

まあ、今日は勢の出足が良かった。

御嶽海ももったいなかったね、今日は。

これで6勝2敗でしょう?

これから上位戦が続きますし、大関昇進は
微妙になってきました。

というか、私は場所前から言っていました
が、御嶽海に関しては、もう一場所見た
方がいいですよ。

先場所は上位陣が全滅でしたからね。

先場所の優勝は立派でしたが、上位陣が
全くいないに等しい中での13勝は、少し
低めに見積もった方がいい。

御嶽海にとっても、将来のことを考えれば、
もう一場所見た方が絶対にいい。

そんな簡単に大関に昇進させてはいけない。

苦労が足りない。

もう少し、苦労があった方がファンの喜び
だって大きいはず。

昇進が早ければいいというものでは決して
ありません。

その後苦労するようなら、今のうちに苦労
しておいた方が身のためですよ。



*最近の大相撲本、いくつか紹介しておき
ましょう。↓













posted by あらやまはじめ at 21:22| 神奈川 ☁| Comment(1) | 稀勢の里 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
5連勝した段階で筆者は稀勢の里の引退はないですよと言っておりましたが何故意見をころころ変えるのかよくわからないです。
Posted by 名無し at 2018年09月17日 01:52
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:







「いいね!」はコチラ!↓


にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
にほんブログ村

にほんブログ村 歴史ブログ 日本の伝統・文化へ
にほんブログ村