2018年09月15日

【平成30年大相撲秋場所・七日目速報】千代の国に右から上手投げを食らい、稀勢の里のみが「負けた」と観念したことでしょう・・・白鵬戦での遠藤の「腰くだけ」はちょっと気になりました、また膝を悪くしてしまったか・・・

今日は私も休みということもあり、
昨日修学旅行から4日ぶりに帰宅した
高二の娘と、NHKの大相撲中継を堪能
しました・・・と言いたいところですが・・・。

やっぱりねえ、大相撲中継は一人で
見た方がいいとつくづく感じました。

生意気盛りの娘は、とにかく「休み
続けていた横綱大関陣」が大嫌いです。

まあ、聞くに堪えないような罵詈雑言
を吐き続ける。

一瞬、怒鳴ってやろうかとも思いました
が、やめました。

怒鳴るにもエネルギーがいりますから。

こちとらは疲れているんだ。

そもそも。

もっとも、「休み続けていた横綱
大関陣」は、その昔、出続けていた
からこそ横綱大関になったわけでして。

でも、そんな昔のこと、娘は知り
ません。

それを説明しようとしたら、時間が
なんぼあっても足りませんし、そも
そも、映像で見ないと気が済まない
世代ですから、昔の力士の動画でも
自発的に見てもらうしかないと思って
います。

昔なら、私は本や雑誌で昔の角界の
ことを調べたりしたものですが、今は
ネットや動画で楽に確認することが
できます。

でも、楽になったからこそ、苦労して
いない分、すぐ忘れるんだろうなあ。

苦労せずに得た知識はすぐに忘れて
しまう。

・・・今日の取組に参りましょう。

昨日初黒星を喫した稀勢の里。

今日の対戦相手は千代の国。

ちょっと振り返ってみましょう。

立ち合い、つかまえにいこうとする
稀勢に対し、千代の国は突っ張りを
続けます。

千代の国からすれば先に、稀勢に
組ませたくない。

突っ張りを続けた挙げ句、千代の国、
右を差すやいなや、すぐに頭を付け、
上手を取りいい形になりました。

稀勢は左から抱えるような半身。

苦しい。

でも、今日の稀勢は我慢しました。

千代の国は、頭を付けるも攻めあぐみ
ました。

やっぱり、なんやかんや言って、稀勢の
腰は重いですし、横綱ですから、そう
そう簡単には動かせませんよ。

千代の国が動いて、先に仕掛けました
が、稀勢は我慢して付いていく。

最後、土俵際、満を持したかのように、
千代の国が右から上手投げを打ちました
が、踏ん張るその左足は既に土俵の外に
出ていました。

これは、テレビ画面でも正面から
はっきりと見えました。

ただ、対戦していた稀勢からすれば
「負けた」と観念したことでしょう。

稀勢のみがね。

上手投げを食らった瞬間、「しまった」
という顔をしていましたから、稀勢が。

まあ、今日は「我慢の勝利」でしょう。

本当に苦しい土俵が続く稀勢ですが、
勝ち星は着実に積み上げています。

なにより、昨日の黒星を引きずらず、
連敗しなかったことは大きい。

「連敗」というのは、心証を悪くします
からね。

世間的にも、横審的にも。

6勝1敗は上出来。

あと2番で勝ち越しです。

2連勝で九日目に勝ち越せば、仮に
その後、休場したとしても、引退は
ないと断言していいでしょう。

かつての稀勢らしい、王道の横綱相撲は
今場所、ほとんど見られませんが、今の
稀勢にとっては、なにより「結果」が
大事なんです。

ここまでは結果を十分に出しているの
ですから、内容は二の次でいい。

結果を出すことによって、内容もその
うち付いてきますから。

終盤戦は上位陣との対戦が続きます。

ですから、残り2日間でなんとか勝ち
越したいところです。

稀勢の話題がまたしても長くなりました。

今日は17時すぎから大相撲中継を見て
いましたが、全勝を守った鶴竜と
高安の相撲は万全で指摘すべき点は
ありませんでした。

白鵬に遠藤が挑戦した一番だけ少し
触れましょうか。

これねえ、立ち合い、白鵬が当たった
瞬間、遠藤が腰くだけで自分から
「ガクン」と倒れてしまったのには、
ちょっと気になりました。

遠藤の膝のケガが何年も遠藤を苦しめた
ことは、当ブログでも何度も指摘して
きましたが、ここ数場所は状態も良く、
今場所もどうかと思っていましたが・・・。

一進一退が続きますなあ。

なんでしょう、このまま、ずっと
こういう状態が続きかねませんよ、
遠藤は。

ただねえ、三段目まで落ちながらも
這い上がって、現在は大関の栃ノ心は
もっと大変な思いをしました。

栃ノ心のように30歳を過ぎる頃までは、
遠藤はこういう状態が続くのかなあ・・・。

角界一の人気者ではありますが、拍手を
送ればいいという話ではありません。

その人気がいつの間にか重荷になって
いることもあります。

遠藤に過度な期待はもはやしない方が
いいのかもしれない。

静かに応援するのが本来のファンの
形ではないでしょうか。

今日はこの辺で・・・。

明日明後日も、おそらくは早めに
記事を更新できるかと思います。

こちらもどうぞご期待下さいませ!



*この表紙はいいですね。↓

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

スポーツ報知大相撲ジャーナル 2018年 09月号 [雑誌]
価格:979円(税込、送料無料) (2018/9/15時点)

楽天で購入




*興味深い一冊、私も読みたい! ↓








posted by あらやまはじめ at 22:15| 神奈川 ☁| Comment(0) | 稀勢の里 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:







「いいね!」はコチラ!↓


にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
にほんブログ村

にほんブログ村 歴史ブログ 日本の伝統・文化へ
にほんブログ村