2018年09月10日

【平成30年大相撲秋場所・二日目速報!】稀勢の里、難敵の貴景勝をどうにかこうにか破ったのは、実に大きいですよ!・・・「断食効果」なのか、下半身の粘りが途中休場していた頃とは全く違う、明日勝てば、波に乗ってくるでしょう

夜も遅いので手短かに参ります。

明日は、高二の娘が修学旅行に出発
することもあり、早いので・・・。

稀勢の里の一番に絞って、お届けしま
しょう。

今日の対戦相手は、既に当ブログでも
口が酸っぱくなるほど「難敵」と懸念
していた貴景勝でした。

立ち合い、先手を取ったのは、やはり
貴景勝でした。

もろ手突きで前に出てね。

稀勢の里は受けるのが精一杯といった
ところで、なんとか前に出るも、貴景勝
のいなしにバランスを崩し、土俵際に。

私は「あっ!」と思った。

ところが、ここで貴景勝の両足が揃って
しまいましたね。

慌てて前に出た貴景勝でしたが、稀勢、
ここで慌てずにこらえては、冷静に
突き落としました。

今日の日刊スポーツの裏一面に稀勢の
記事が載っていましたが、元ボクサー
のお父さんの助言を聞いて、断食を
月に一度したようです。

これは私も初耳でしたが、言われて
みれば、今場所の稀勢の里は休場前と
比べると、体がやや絞れているように
見えます。

ちょっと、「逆三角形」に近いというか。

理由があったんですなあ。

「断食効果」があったのかどうかは
今の時点では何とも言えませんが、
悪い影響はなかったということだけ
は言えるでしょう。

こうして、休場前なら間違いなく
「負け相撲」だった一番を、堪えて
モノにしたのですから。

下半身の粘りも途中休場していた
頃とは全く違いますし。

傍から見れば「どうにかこうにか」
勝った、というか、拾った一番では
ありましたが、今の稀勢には白星が
何よりの薬です。

今日の勝ちは実に大きい。

今日負けていれば、明日、進退が
かかっていたかもしれないのです
から。

連勝スタートで稀勢は精神的にも
やや余裕をもって、三日目以降に
臨めるはず。

波にも乗ってくるでしょう。

明日は豊山戦ですか。

昨日今日の相撲を見れば、問題なく
勝てそうな気はしますが、豊山も
先場所の千秋楽、御嶽海戦で見せた
ような気迫をもって当たれば、どう
なるかは分かりません。

力は付けてきていますからね。

明日も稀勢の里戦を中心に見て
いきたいと思います。



*稀勢のお師匠さん、元隆の里の
貴重な一冊、見つけました! ↓





posted by あらやまはじめ at 23:21| 神奈川 ☔| Comment(0) | 稀勢の里 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:







「いいね!」はコチラ!↓


にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
にほんブログ村

にほんブログ村 歴史ブログ 日本の伝統・文化へ
にほんブログ村