2018年09月09日

【平成30年大相撲秋場所・初日速報!】稀勢の里、勢相手に左差し早く、がむしゃらに「泥臭く」前に出ましたねえ・・・8か月ぶりの白星はなによりでしたが、明日の貴景勝戦が試金石ですよ、やっぱり

「そうか、そんなに経っていたか・・・」と
いうのが、取組後の私の正直な感想でした。

もう、結果から先に言ってしまいますよ、
今日は。

稀勢の里、今日から始まった秋場所の
初日で、勢相手に幸先よく白星発進
しました!

「8か月ぶりの白星」とのアナウンスを
聞いて、ちょっと驚きましたね。

初場所以来。

ということは、3場所連続全休だったと
いうことになりますが、ニュース映像
などで稽古をしている姿はよく見て
いましたから、「そんなに本場所に出て
いなかったのか」というのが、冒頭での
私の所感につながったわけです。

時が経つのは早い。

今年は特にそう思うのは、私だけ
でしょうか。

・・・。

勢との一番、ちょっと振り返ってみま
しょう。

立ち合い、右四つの勢に対し、稀勢は
左を差し勝って、左差しになると、
これまででは考えられないくらい、
がむしゃらに前に出ました。

「泥臭く」と言い換えてもいい。

右上手を取っていませんでしたから、
土俵際、勢に右から抱えられそうに
なりましたが、今日の稀勢は、
「前に出ることで勝った」という
お手本のような相撲を取りました。

「引退がかかった男の相撲」を存分に
見せてくれたとでも言いましょうか。

いや、こんなに必死な稀勢の相撲は
久々に見ました。

というか、初めてかもしれません。

今日負けていたら、明日、「引退が
かかる相撲」になっていたかもしれ
ないんです。

序盤で連敗したら、もうアウトです
から。

まずは、今日の初日、白星をつかみ
とって、なによりでした。

しかし、先般の当ブログでも触れた
とおり、明日二日目の貴景勝戦、
こちらの方がむしろ試金石になる
のは間違いない。

やっかいな相手ですよ。

稀勢にとっては。

小さいものの、横幅は結構あります
からねえ、貴景勝は。

稀勢は、相手に合わせるわけでは
なく、むしろ、自分から突き押しで
貴景勝の体を浮かせたいところです。

横綱ですから、圧力はある。

浮かせてしまえば、つかまえるのも
たやすい。

・・・ただ、そううまく行かないという
のも相撲の難しいところでして、
正直、「やってみないと分からない」
のが現実でしょう。

明日は私もリアルタイムで見られるか
どうか微妙なところですが、なるべく
早めに記事更新をしたいと思います。

・・・稀勢の里だけで終わるのもなんです
ので、もう一番、栃ノ心が千代大龍に
勝った相撲も少し見ていきます。

先場所、新大関ながら、ケガにより
途中休場を余儀なくされた栃ノ心。

右足親指の負傷はまだ癒えていないと
いうことですが、今日の相撲を見る
限りでは思ったよりも問題はなさそう
です。

今日も突き押しの千代大龍に立ち合い
押されるも、すぐにもろ差しとなり、
全く相手にしませんでした。

先場所が始まる前までは「栃ノ心が
いつ横綱になるのか」という話題で
ひっきりなしでしたが、世間という
ものは冷たい。

まさかのケガで、綱とりは出直しと
なったわけですが、本来、今いる
メンツで最も「横綱に近い男」は
栃ノ心で異論はないでしょう。

今場所、カド番ではありますが、
仮に優勝すれば、来場所は綱とりに
なります。

「王道の四つ相撲」が取れる数少ない
力士である栃ノ心に期待をしている
オールドファンは私だけではあるまい。

今日の白鵬のように、いまだにバカの
一つ覚えで「立ち合いの張り差し」を、
なんぼ横審から注意されても続けて
いるような汚らしい相撲はもう見たく
ない。

引退すべきは稀勢の里ではなく、白鵬の
方です。

・・・また長くなりますので、今日はこの
くらいにしておきます。

明日もなるべく早めに更新できるように
したいと思います。



*振り返るのはまだ早いかもしれませんが・・・。↓







posted by あらやまはじめ at 20:30| 神奈川 ☁| Comment(0) | 稀勢の里 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:







「いいね!」はコチラ!↓


にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
にほんブログ村

にほんブログ村 歴史ブログ 日本の伝統・文化へ
にほんブログ村