2018年07月21日

【平成30年大相撲名古屋場所・十三日目速報】御嶽海の初優勝はほぼ決定的・・・今日の栃煌山戦、二本差されなければ大丈夫でしょう

再び、更新が翌日になってしまい
ました。

ここのところ、異常に忙しく・・・。

現在、移動中で少し時間があります
ので、昨日の十三日目の取組に
ついて一言触れておきましょう。

結びの豪栄道と御嶽海の一番。

立ち合い、鋭い当たりを見せた
のは豪栄道の方でした。

低い立ち合いからすぐに左の
前みつに手がかかってね。

しかし、好調な御嶽海は体が
動いています。

すぐに左に動くと、一昨日の
高安同様、豪栄道を後ろ向きに
させました。

一昨日は高安の土俵際の突き
落としに土俵を割った御嶽海
でしたが、昨日は同じ過ちを
犯しませんでしたね。

これで、御嶽海は今日勝てば
初優勝が決まります。

決定的でしょう。

対戦相手は、ベテランの栃煌山。

中に入られ、二本差されると
いまだに力を発揮する「元大関
候補」ではありますが、今場所
の勢いからすれば、御嶽海の
優位は動かないと思います。

明日はようやっと休みです
ので、なんとか今日中に記事を
更新できれば・・・。

こちらもどうぞご期待下さい。


*「御嶽海もなか」です。↓






posted by あらやまはじめ at 08:38| 神奈川 ☀| Comment(0) | 御嶽海 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:







「いいね!」はコチラ!↓


にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
にほんブログ村

にほんブログ村 歴史ブログ 日本の伝統・文化へ
にほんブログ村