2018年07月16日

【平成30年大相撲名古屋場所・九日目速報】輝が豪栄道戦で見せた執念は、暑い名古屋のお客さんを今場所最も沸かせたと言っていいでしょう・・・逸ノ城の「夏バテ」ぶりは、逆に人間味にあふれ、「もっともだ」と思い始めましたよ、ホント暑い・・・

暑い・・・。

暑すぎる・・・。

私の住む川崎でも、夜になっても
まだ35度を超えています。

こうなってくると、本当にあらゆる
ことに、やる気が起きなくなって
くるものでしてね。

今日の【速報】は手短かに参ります。

「夏バテ」と思えるような相撲が
連日続いている関脇の逸ノ城の
取組からまずは振り返ってみま
しょうか。

こちらも夏バテ気味ですので。

今日の対戦相手は魁聖。

先場所まで数場所、好調だった頃の
逸ノ城であれば、なんでもない相手
です。

ところが、今日は逸ノ城、昨日まで
と同様、全くいいところなく、寄り
切られました。

なにしろ、土俵際、全く残ろうと
する気配すら感じられない。

これは、冷房が壊れ、観客にうちわ
をあおがせるのが常態となった
愛知県体育館及びその対策を大して
考えていない相撲協会への抗議の
一環なのでしょうか?

「他の力士だって、同じ条件」と
言われればそれまでですが、常軌を
逸した暑さの中、幕内最重量の
逸ノ城にとって、その暑さがどれ
ほど身に堪えているかは、彼にしか
分かりません。

ケガをしているようにも見えませんし、
「夏バテ」で体中がだるく、相撲を
取れる状態ではないのかもしれません。

しかし、こういう姿を見ていると、
逆に人間味にあふれ、「もっともだ」
と同感する視聴者は私に限らず大勢
いるでしょうし、「暑さ対策」を
ほとんどといっていいくらい何も
していない相撲協会(名古屋場所の
場合は巡業部長かな)には「力士の
健康を考える上でも、なんとかせい!」
と愚痴の一つも言いたくなります。

実際、逸ノ城は愛知県体育館の暑さに
苦言を呈していたようですし・・・。

「プロなんだから」はまさにそのとおり
ですが、プロであっても、暑さに勝て
ない人間はいくらでもいます。

自然現象にはかなわない。

なんぼ、気合を入れたとしても。

上位陣の休場が相次いでいる一つの
理由でもあるんじゃないですか。

愛知県体育館の暑さは。

そんな暑さの中で、連日、大勢の
お客さんが見に来ているわけですが、
今日は結びの豪栄道戦で執念を見せた
輝について、最後に触れておきましょう。

輝にとっては、これまでの土俵人生でも
最高の一番になったと思います。

立ち合いから豪栄道に右を差され、
一気に前に出られましたが、土俵際
残しては、逆に左上手をがっちりと
引いて、前に出て猛然と反撃。

残す豪栄道を左から投げで崩し、
右からのど輪で押す。

もっとも、こののど輪があまり
効かず、最後は豪栄道に突き
落としを食らい、敗れました。

「あと一歩」でした。

今日の大相撲中継のゲスト、谷原章介
さんも絶賛していましたが、こういう
一番を最後に見られた暑い名古屋の
お客さんも、納得かつ満足して帰途に
就けたのではないでしょうか。

今場所、お客さんを最も沸かせた
一番と言っていい。

輝を見直したね、私は。

九日目を終わって、全勝は御嶽海
ただ一人。

昨日まで1敗だった遠藤は敗れ、
1敗も朝乃山ただ一人となって
しまいました。

なんとも、面白みに欠ける展開
ではありますが、後半戦、先の
豪栄道と高安の大関陣にはなんと
しても意地を見せてもらいたい。

その地位に見合った意地をね。

満員のお客さんに甘えてはいけ
ませんよ。

こんな暑い中、足を運んでもらって
いるわけですから。

明日以降、大関陣は一つも負けない
覚悟で土俵に上がってほしいね。


*輝のカードです!↓













posted by あらやまはじめ at 20:35| 神奈川 ☁| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:







「いいね!」はコチラ!↓


にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
にほんブログ村

にほんブログ村 歴史ブログ 日本の伝統・文化へ
にほんブログ村