2018年04月07日

そんなに「女人禁制」をゴチャゴチャ言うのなら、もう撤廃すればいい・・・八角理事長も「名理事長」として歴史に残ることでしょう・・・しかし、一度撤廃したら、元には戻せませんよ

思いの外、先の土俵上の「女人禁制」
問題が続いていることに驚いています。

その後、いろいろと情報が出てきま
したので、追記したいと思います。

私は先日の当ブログで、あまり情報が
ない中、「女性は土俵から下りるよう
に」という行司のアナウンスに賛同の
意を表しました。

それは今も変わりはありません。

八角理事長を含め、相撲協会は平身
低頭の姿勢ですが、それは、ここ
数か月続く一連の問題が影響して
いるからであって、本質としては、
「女性を土俵に上げるべきでは
ない」という姿勢は崩していま
せんし、崩す必要もない。

なぜなら、それは千数百年続いて
きた相撲の伝統だからです。

古事記・日本書紀の時代から続いて
きた伝統。

相撲が「大相撲」になる前からの
伝統ですよ。

今回の場合、倒れた市長が元々
医者で、土俵に上がった女性は
その市長が医者であった時代に
部下として働いていたという
特殊性がありました。

これは、その女性に対して、
「土俵に上がるな」という
方が難しい話でしてね。

元医者の市長に恩義もあった
でしょうし・・・。

今回は「異例中の異例」でして、
しかも人命がかかっていたこと
から、土俵に上がったことを
どうのこうの言うべきではない
というのが、私の結論です。

その女性も「静かにしてほしい」
と言って、相撲協会からの表彰の
打診を断ったようですし。

これで終わりでいいじゃない
ですか。

しかし、これで収まらないのが
「世間」です。

バカの一つ覚えのように、相撲界が
土俵に女性を上げないことについて、
「女性蔑視」だと騒いでいる。

「女性蔑視」なら、そもそも、女性を
観客として国技館に入れることも禁止
しているはずですが・・・。

だいたい相撲の歴史に対して失礼ですよ。

なんでもかんでも、「男女平等」と
謳うのは。

そんなにゴチャゴチャ言うのなら、
一度「女人禁制」など撤廃すれば
いい。

八角理事長も「名理事長」として
歴史に残ることでしょう。

でも、それで済む問題か?

一度撤廃したら、もう元には戻せ
ないんですよ。

その重みが分かっているのか?

その重みに耐えられる人間は
今の相撲界どころか、日本中を
探しても、一人もいないでしょう。

「男系天皇制」を廃止するに
等しい愚挙。

それこそ、憲法改正と同じで国民
投票をすべきくらいの国論を二分
する大問題ですよ。

ワイドショーの意見に右往左往する
今の日本国民にその判断を委ねられる
とはとても思いませんがね、私は。



*こういう時は「原点」に戻りましょう。
歴史に学ぼう。↓

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

相撲の歴史/新田一郎【2500円以上送料無料】
価格:2621円(税込、送料無料) (2018/4/7時点)






ラベル:八角理事長
posted by あらやまはじめ at 21:33| 神奈川 ☁| Comment(0) | 相撲全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:







「いいね!」はコチラ!↓


にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
にほんブログ村

にほんブログ村 歴史ブログ 日本の伝統・文化へ
にほんブログ村