2018年03月24日

【平成30年大相撲春場所・十四日目速報】鶴竜、8場所ぶり4度目の優勝には、素直に「良かったねえ」と労いたい・・・高安は明日、鶴竜に勝てば二場所連続12勝、来場所優勝なら横綱昇進もありますよ

今日は自宅で大相撲中継を17時半
頃から見ることができましたが・・・。

結局、更新はこの時間まで遅れて
しまいました。

なんやかんや言って、自宅にいれば
いたで、やることが山ほどありまして
ね。

つくづく、人生、うまく行かない
ものです。

相撲一つとっても。

さて、今日は鶴竜が8場所ぶり4度目
の優勝を決めました。

まずは、鶴竜が優勝を決めた豪栄道
戦を少し振り返ってみましょう。

立ち合い、両者は頭から当たりました。

前に出たのは豪栄道でした。

鶴竜はすかさず引いて・・・。

私は「あっ!」と思いましたが、
鶴竜の足は徳俵に残っていました。

両者とも、元々、「困った時には
すかさず引く」という力士ですが、
今日は鶴竜に運が向いていたと
いう印象でしょうか。

まあ、鶴竜という横綱、私は個人的
には昔から結構好きな力士でして、
白鵬と元日馬富士という先輩横綱に
囲まれ、肩身の狭い思いをしてきた
と思いますが、久々の優勝には素直に
「良かったねえ」と労いたい。

先場所が始まる前には、当ブログでも
「鶴竜は進退がかかり、序盤で負けが
込めば、即引退を迫られる」と苦言を
呈したばかりでした。

その先場所、十日目まで全勝で復活
優勝は間違いないと思われましたが、
十一日目から4連敗し、平幕の栃ノ心
に優勝をさらわれました。

優勝を逃したことがクローズアップ
された鶴竜でしたが、個人的には
「進退問題を回避できた」という
方が大きかった。

今場所も先場所に引き続き、前半戦
は全勝で、鬼門の十一日目も勝って、
初の11連勝を飾りましたが、十二日
目に栃ノ心に敗れました。

「これで、優勝争いは分からなく
なってきた」というのが、当ブログ
でも述べた私の率直な印象でしたが、
さすがに横綱、二場所連続で同じ轍は
踏みませんでしたね。

横綱ながら、昨年は一度も優勝が
なかった鶴竜。

ようやく、優勝を勝ち取って、私は
良かったと思います。

4度目の優勝は、私が子供の頃に
好きだった二代目若乃花の優勝
回数に並んだということです。

思えば、二代目若乃花も鶴竜の
ような感じで、休場も多く、
勝てないことばかりが話題に
なる横綱でした。

私は子供でしたから、今ほど
そんなに大相撲中継を熱心に
見ていたわけではありません
でしたが、二代目若乃花は
「弱い横綱の典型」のように
語られていて、歯ぎしりして
いたことは覚えています。

鶴竜には二代目若乃花を超える
5度目の優勝を来場所以降、
狙ってほしいなあ。

最後に、今日、結び前の御嶽海
戦で勝って、白星を11に伸ばした
高安について一言。

明日の鶴竜戦、何としても勝って、
12番に伸ばしたいところですよ。

高安は、今場所も初日から2連敗
しては、最後まで優勝争いに絡む
ことがほとんどありませんでした。

ですが、結果から言えば、先場所は
12勝で準優勝。

今場所も明日勝てば、12勝で同じく
準優勝です。

来場所優勝でもすれば、再来場所
には横綱昇進もありますよ。

二場所連続「優勝に準ずる成績」は、
横綱昇進の内規にも書かれています。

来場所後の横綱昇進を狙うためにも、
何としても高安は明日鶴竜に勝たない
と。

そういう意味では、「優勝が決まった」
からと言って、千秋楽の土俵も見応え
が全くないわけではありません。

次の場所につながる、という視点を
忘れなければ、一日たりとも欠かせ
ませんよ。

明日の土俵も最後まで注視していき
たいと思います。



*優勝した鶴竜に敬意を表して、
今日は鶴竜スペシャルです! ↓











posted by あらやまはじめ at 22:05| 神奈川 ☁| Comment(0) | 鶴竜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:







「いいね!」はコチラ!↓


にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
にほんブログ村

にほんブログ村 歴史ブログ 日本の伝統・文化へ
にほんブログ村