2018年03月23日

【平成30年大相撲春場所・十三日目速報】全勝の鶴竜、1敗の魁聖を破り、明日にも優勝、堅いんじゃないですか・・・遠藤は東の筆頭で勝ち越し、来場所の三役は確実、これはうれしいでしょう!

先にお知らせしたとおり、今日は
出先からの更新となりますので、
手短かに参ります。

対戦した順番に少しずつ振り
返ってみましょう。

まず、遠藤と千代丸の好取組、
これは見応えがありました。

右の前みつを取りたい遠藤に
対し、遠藤に組ませたくない
千代丸。

千代丸は終始突き起こしていき
ましたが、遠藤は下がらず
前に出ていましたねえ。

最後は千代丸が一瞬引いた
ところで遠藤が突き起こし、
いなした瞬間に千代丸の
巨体が土俵に這いました。

遠藤は東前頭筆頭でついに
勝ち越し。

来場所の三役昇進を決定的と
して、うれしいでしょう。

安定感が出てきましたよね、
遠藤は。

続いて、昨日鶴竜を破った
栃ノ心ですが、正代戦、
これはもったいなかった。

なぜ、白鵬の猿真似をして、
かち上げにこだわったのか。

左脇が空き、正代に中に入られ、
一気に押し出されてしまいました。

昨日の鶴竜戦のような相撲が
連日取れないのは相撲の難しさ
とも言えますが、もっと得意の
「右四つ、左上手」にこだわった
方がいいですよ、栃ノ心は。

その方が間違いなく勝てるし、
強いわけですから。

結び前の9勝3敗同士、高安と
豪栄道の大関対決についても
一言。

仕切りの際、時間前に立ちそうな
雰囲気の両者でしたが、相撲は
高安が土俵際にはたき込んで
あっけなく決まりました。

豪栄道はなんとか右前みつを
つかみたかったですが、さがり
をつかむにとどまり、押し込んだ
ものの、足も揃って、あと一歩
前に出ることができませんでした。

明日は鶴竜戦ですか?

意地を見せてほしいところです。

最後に結びの鶴竜と魁聖の
「全勝対1敗対決」についても
一言。

立ち合い、鶴竜の当たりは低く、
鋭かったですね。

魁聖は左をねじこもうとしま
したが、横綱の低さに合わせて
しまったように見えました。

鶴竜がはたいたところ、あっけ
なく勝負は決まりました。

「格の違い」としかいいようが
ない一番でした。

これで、1敗の鶴竜を追うのは
3敗の高安、魁聖、勢の3人と
なりました。

鶴竜、明日勝てば久々の優勝と
なります。

堅いんじゃないですか、今場所は。

仮に明日、豪栄道に敗れたと
してもね。

明日は【速報】、じっくり書ける
かと思います。

どうぞ、ご期待ください!









posted by あらやまはじめ at 17:14| 神奈川 ☀| Comment(0) | 鶴竜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:







「いいね!」はコチラ!↓


にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
にほんブログ村

にほんブログ村 歴史ブログ 日本の伝統・文化へ
にほんブログ村