2018年03月21日

【平成30年大相撲春場所・十一日目速報】全勝の鶴竜、逸ノ城の右の差し手を完全に殺していましたね、うまいですよ・・・魁聖は不戦勝で1敗をキープ、こういう運も大事です

今日十一日目の取組について振り
返る前にまず、私が今日購入した
日刊スポーツの7面に驚くべき
記事が掲載されていたことから
少し触れていきましょう。

先日、貴公俊に殴られた「付け人」の
名前が序二段力士の「貴西龍」で
あると公表されると共に、貴西龍が
貴公俊と和解したことが、本人の
写真付きで掲載されていました。

これ、他のスポーツ紙でも掲載されて
いたのでしょうが、私が購読している
一般紙(産経新聞)には全く掲載されて
いませんでした。

この問題、突っ込みどころが満載
でして、後程、私のニュースブログ
にて詳しく取り上げたいと思います。

言いたいことが山ほどありますから。

(先程、22:15頃、書きましたので、
リンクを載せておきます。↓)

・貴西龍(たかせいりゅう)が「貴公俊(たかよしとし)に殴られた付け人」でしたか・・・貴乃花部屋は「関取4人、付け人4人」で他の部屋の力士の力も借りていない? 借りなきゃ!

http://arayamanews.seesaa.net/?1521637859


・・・さて、今日の土俵を振り返って
みましょう。

今日から終盤戦です。

まずは、注目の結び、全勝の鶴竜に
2敗の逸ノ城が挑戦した一番から。

立ち合い、鶴竜は頭から当たって、
すぐに右が入り、逸ノ城も右を
差しました。

鶴竜は左の上手もとって、頭を
付けては十分の体勢。

一方の逸ノ城、鶴竜の肩越しに
左上手を強引に取りに行って、
上手が取れると一気に前に出ま
した。

しかし、逸ノ城、勝負を早まり
すぎましたね、今日は。

鶴竜に残されると、逆に鶴竜の
方が左上手を引きつけて、一気に
前に出た。

鶴竜、万全の寄り切り。

案外、勝負はあっけなく着き
ました。

鶴竜は左の使い方がうまかった
ですねえ。

逸ノ城は得意の右を差していた
とはいえ、鶴竜が左上手を絞って
取っていたため、最後に寄られた
時、何もすることができなかった。

こういうところは、さすがに横綱
というか、鶴竜はうまいですね。

鶴竜は明日、栃ノ心戦ですか。

栃ノ心は今日も高安との微妙な
一番に敗れ、4敗となりました。

先場所の優勝力士とはいえ、
これでちょっと「プッツン」し
かねないかもしれません。

栃ノ心も今後の大関昇進の足
がかりとして、今場所は是が非
でも二桁を挙げたいはず。

明日は、両者にとって試金石に
なる一番になりそうな気がします。

1敗の魁聖についても振り返って
いきたいところですが、今日は
なんと、対戦相手の貴景勝が
右足のケガで休場したことに
より、不戦勝ですよ。

まあ、「持ってる」というか、
なんというか。

しかし、こういう運は大事に
しないとね。

まだまだ、分かりませんよ、
優勝争いの行方は。

2敗を唯一守った高安の相撲も
一言。

今日の対戦相手は3敗の栃ノ心
でしたが、微妙な一番となり
ました。

物言いがついたのは、土俵際の
攻防ではなく、その直前、高安に
押し込まれた栃ノ心の右足が西
土俵の蛇の目を払ったかどうかが
焦点だったようですね。

土俵際の攻防では、私は「取り
直し」になるだろうと睨んで
いましたから、これは意外な
展開でした。

まあ、出たと言えば出たかも
しれないし、出なかったと言えば
出なかったのかもしれない。

ただ、西土俵下の審判が見ていた
わけですから、出ていたんだろう
なあ。

高安は2敗をキープし、初優勝に
向けて、決して流れは悪くないと
思います。

そういえば、この物言いの際に、
今日の正面解説の尾車親方が
「今年から審判部の部屋に置いて
あるビデオカメラが一新された」
ことを話していました。

NHKの大相撲中継のベテラン実況、
吉田賢アナもきちんと突っ込んで
いて、これは視聴者に対する
「ナイスなサービス」だと私は
思いましたねえ。

考えてみれば、尾車親方は現在の
相撲協会の「No.2」なわけでしてね。

こういう細かいことまで知っている
というのは、視聴者にとっては実に
有意義とでも言いましょうか。

今日の向上面の解説の舞の海さんも
高安が栃ノ心戦で、「いつも以上に
まわしをガチガチに締めている」
ことを指摘しては、私も「確かに
そうだ」と唸らされました。

今日は土俵の取組以上に、解説者と
実況が光った一日だったと言える
でしょう。

こういう大相撲中継、ぜひとも、
明日以降も千秋楽まで続けて
もらいたいものです。



*尾車親方は、私にとってはいまだに
「琴風」であり、名曲「まわり道」の
印象が強いですね。著書とサインも
どうぞ。↓

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【決定版】琴風豪規/まわり道・東京たずね人・他全7曲
価格:950円(税込、送料別) (2018/3/21時点)













posted by あらやまはじめ at 20:07| 神奈川 ☔| Comment(1) | 鶴竜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
細かいけれど、訂正を。貴乃花部屋の幕下以下は、4名でなく5名です。
ですが、現在幕下の「貴健斗」も十両間近と思われ、今後も付き人の人手不足は免れないでしょう。
しかし、これは一方で、たたき上げの若者をじっくり育ててきた成果でもあると思います。弟子が大勢いても、関取が一人もいない部屋は、たくさんあるのですから。
批判のただ中にいる貴乃花親方ですが、この力量は評価すべきです。
未熟さゆえ失敗をおかした弟子を、見捨てることなく今後も真摯に見守ってくれることでしょう。



Posted by at 2018年03月22日 03:00
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:







「いいね!」はコチラ!↓


にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
にほんブログ村

にほんブログ村 歴史ブログ 日本の伝統・文化へ
にほんブログ村