2018年03月18日

【速報】バカな男だ、貴公俊(たかよしとし)、付け人に腹が立ったであろうことは分かるが、暴行とは・・・貴乃花親方の弟子ということで、我が身がいかに注目されているのか、まだ分からないのか

今日の中日(なかび)の【速報】を
書こうと思っていたら、急遽、表記の
話題が飛び込んできました。

これ、ちょっと、問題が大きくなり
かねませんので、先に取り上げたい
と思います。

貴乃花部屋の貴公俊(たかよしとし)
が、今日の取組後に、付け人に暴行
したことが発覚しました。

貴公俊は今場所、新十両ということで、
場所前に貴乃花親方が会見に同席しては、
久々に公の場に登場したことも話題に
なりました。

あの会見では、貴乃花親方も相好を
崩し、貴公俊も「初々しい青年だ」
という印象がありましたが・・・。

事の経緯はこうです。

今日の取組前、貴公俊は土俵下の控えに
入るタイミングが遅れ、花道を走って
入場しました。

貴公俊はその場で、審判部の境川親方に
注意を受け、内心、相当腹が立ったで
あろうことは想像できます。

本来、付け人が関取である貴公俊に
指示を早く出さなければなりません。

この付け人の名前は公表されていない
ので何とも言えませんが、慣れていな
かったのか、それとも単なるミスだった
のか・・・。

貴公俊はその直後、本割でも敗れ、
怒りが倍増したのでしょう。

貴公俊は支度部屋で付け人を数発
殴ったという・・・。

付け人は血を吐いたものの、支度部屋
にいる力士で止める力士はいなかった
とも。

これをどう見るか?

「間が悪い」としか言いようがあり
ません。

貴乃花親方は、当ブログでは記事に
していませんが、春場所に入って
からも、「職務放棄」のような行動
を続けており、以前にも増して、
「敵」が多いんですよ。

「貴乃花親方をクビにしたい」と
思っている協会関係者だって多い
はずでして、そんな輩に格好の
反撃材料を与えてしまった。

貴乃花親方にも当然、説明責任が
求められるわけでして、貴公俊は
明日から「強制休場」となるのは
濃厚でしょう。

弟子の貴ノ岩が殴られた時には、
加害者の日馬富士は責任をとって
引退しました。

今回のケースは、「関取と付け人」
という同部屋での暴行事件です
から、日馬富士の時とはちょっと
違いますが、「暴行」に世間が
厳しいことは、相撲協会でなくとも、
今や誰もが知っています。

貴乃花親方は、ますます厳しい立場
に追い込まれてしまったと感じます。

今晩になるのか、明日になるのかは
分かりませんが、貴乃花親方自身から
おそらく説明があるでしょう。

自ら「謹慎する」ということになる
かもしれません。

ちょっと、注視したいと思います

・・・この後、【中日速報】をお届け
します。

もう少々、お待ち下さい。



*こうして、相撲専門誌の表紙にも
登場した貴公俊ですが・・・調子に
乗ってしまったかなあ・・・。バカな
男ですよ。我が身がいかに注目
されているのか、まだ分からない
のか。↓



posted by あらやまはじめ at 20:01| 神奈川 ☁| Comment(2) | 貴乃花親方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
いや、彼はバカな男ではありません。当方、一相撲ファンにすぎませんが、巡業で直に言葉もかわし、黙々と稽古に汗を流す姿をつぶさに見ました。
幕下時代も、十両になってからも、取り口をみていて、気性のおだやかさが感じられます。下品な相撲はとらない力士に育つだろうと思って、見守ってきました。
NHKの第一報は、まるで彼が敗戦の腹いせに付き人に当たったかのような、誤解を生みます。また、それ見たことかと、横野某リポーターにコメントさせている民放もいかがなものかと。

付き人の手違いを笑って許すことができなかったのは、確かにまだ修行が足らないかもしれません。しかし、逸材をつぶしてしまわず、育ててゆこうとする空気がほしいと思います。
件の事件の被害者側を、親方をたたくだけでなく、弟子まで、部屋までつぶそうとしているような印象操作に、背筋が凍る感じすらします。
貴乃花部屋の力士は、若くてもまっとうな稽古をを積んでいると思います。応援してあげましょう。
Posted by いい相撲が観たい at 2018年03月18日 23:03
貴乃花は「泣いて馬謖を斬る」しかないんじゃないですかね。そして、自らの監督責任を認めて、雑巾がけから始める覚悟で再スタートしないと、もはや誰の支持も得られないと思います。
Posted by あべ at 2018年03月18日 23:59
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:







「いいね!」はコチラ!↓


にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
にほんブログ村

にほんブログ村 歴史ブログ 日本の伝統・文化へ
にほんブログ村