2018年03月14日

【平成30年大相撲春場所・四日目速報】遠藤は、立ち合いの圧力があるからこそ、豪栄道へのはたきも決まる・・・明日は逸ノ城との「かつてのライバル対決」、大いに期待したい!

一昨日、昨日と【速報】が出せず、
失礼いたしました。

人生、いろいろありましてねえ・・・。

今日は出します。

まずは、遠藤が豪栄道をはたき込み
で破った一番から見ていきましょう。

立ち合い、頭から当たった両者。

遠藤はすぐに左を差しましたね。

一方の豪栄道は、頭を下げ過ぎ
ました。

そこで、すぐに遠藤ははたいて、
勝負はあっけなく決まりました。

遠藤は昨日、御嶽海にも似たような
はたきで勝ったのを、つい先程私も
チェックしましたが、これをどう
見るか?

はたきは「消極的」ととらえられ
がちですが、三役以下の力士に
とっては必ずしもそうではあり
ません。

今場所の遠藤の場合、立ち合いの
圧力があるからこそ、はたきが
決まると見ていいでしょう。

遠藤は膝のケガから数年経ち、
だいぶ状態が戻っているというか、
今場所はケガをする前のいい時と
比べても、過去最高に体が動いて
いると私は見ています。

元々、遠藤はこういうはたきが
うまく決まる力士ではありません
でしたから。

少なくとも、上位相手には。

相当、状態はいいはずです。

その遠藤、明日はこれまた好調の
逸ノ城と対戦ですか?

逸ノ城が新入幕で13勝を挙げた
数年前、遠藤もまだケガをする
前で「将来、この二人はライバル
になる」と言われたことを思い
出します。

あれから、両者とも遠回りこそ
しましたが、今場所は両者とも
「過去最高」と言っていい動きを
しています。

「かつてのライバル」が「今後の
ライバル」となる試金石にもなる。

この対戦、大いに期待したいと
思います。

今日はもう一番、上位陣では唯一
全勝を守った鶴竜の取組についても
一言。

今日の対戦相手は千代大龍でしたが、
立ち合い、鶴竜は右を差して、左
からのおっつけ一本で千代大龍を
寄り切りました。

今場所の千代大龍の状態があまり
良くないことを差し引いても、
鶴竜も右手の指のケガの影響は
感じさせません。

ただ、先場所も十日目までは
鶴竜は完璧な相撲を取り続けて
いましたからねえ。

今場所の終盤はどうか。

一人横綱として、重圧もある
でしょうが、鶴竜が土俵を引き
締めることによって、初めて
場所も盛り上がるというもの
でしてね。

頑張ってほしいですね。

・・・明日、明後日もなるべく
【速報】を出したいですが、
状況によりけりと言ったところ
でしょうか。

一応、ご期待下さい。



*こちらのシリーズも興味深い。↓

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

二所ノ関部屋 (B.B.MOOK 大相撲名門列伝シリーズ 2)
価格:1300円(税込、送料無料) (2018/3/14時点)




[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

高砂部屋 (B.B.MOOK 大相撲名門列伝シリーズ 3)
価格:1300円(税込、送料無料) (2018/3/14時点)











posted by あらやまはじめ at 20:38| 神奈川 | Comment(0) | 遠藤 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:







「いいね!」はコチラ!↓


にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
にほんブログ村

にほんブログ村 歴史ブログ 日本の伝統・文化へ
にほんブログ村