2018年01月30日

稀勢の里、自ら「進退問題」を切り出したのは、既に「横綱らしい横綱」であることを証明しましたが…横審がその発言に乗ってしまいましたね、さて…

出先ですので、手短かに参ります。

数日前、稀勢の里が自ら「進退問題」
について切り出しました。

「次に出る場所に進退をかける」と。

この発言、言及しようと思いつつ、
なかなか機会がありませんで…。

はっきり言って、立派も立派、
「これぞ、横綱!」の発言でした。

既に「横綱らしい横綱」である
ことを証明しましたよ。

ただ…。

もう、後戻りはできなくなりました。

この発言を受けて、昨日、横審では
稀勢の里が言ったとおり、「次に
出る場所で進退がかかる」ことを
明言しました。

横審は元々、稀勢の里に「初場所は
出なくていい」と言っていましたが、
稀勢の里の発言に乗った形となり
ました。

さて…。

これで、稀勢の里はよほどのことが
ない限り、春場所は全休、場合に
よっては夏場所も全休する可能性が
出てきました。

これを是と見るかどうか。

休まないとケガは治りませんが、
休めば休んだだけ、勝負感は
ますます鈍ることになります。

正直、もう先は長くないのかも
しれません。

今後の稀勢の里のケガの状況
だけは、当ブログでも随時追って
いきたいと思います。

ラベル:稀勢の里 横審
posted by あらやまはじめ at 12:22| 神奈川 ☁| Comment(0) | 稀勢の里 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:







「いいね!」はコチラ!↓


にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
にほんブログ村

にほんブログ村 歴史ブログ 日本の伝統・文化へ
にほんブログ村