2018年01月26日

【平成30年大相撲初場所・十三日目速報】栃ノ心の初優勝が現実味を帯びてきました、9割方、明日決まるでしょう・・・傷心の鶴竜の優勝はもうない、逆転優勝があるとすれば高安でしょうが・・・

昨年末より混乱が続く大相撲界で、
まさか本場所の土俵でも「混乱」が
続くことになるとは思いもしません
でした。

しかし、今場所、旭天鵬以来、
6年ぶりの平幕優勝力士が誕生
することが濃厚になってきました。

栃ノ心ですよ。

まずは、今日の逸ノ城戦を少し
振り返っていきましょう。

今場所の逸ノ城は、後半戦に
限って言えば、栃ノ心以上に
好調でしたので、今日一番の
注目の対決でしたが・・・。

勝負は意外に早く決まりました。

立ち合い、両者とも、得意の右
を差して、左上手をつかんで、
がっぷり四つとなった。

この時点で、私は「この一番は
長い相撲になる」と直感的に
予想しました。

いつだったか、以前にもこの形で
そのような相撲が見られました
から。

ですが、今場所の栃ノ心は、我々
相撲ファンが想像する以上に体が
動いています。

先に仕掛けて前に出ると、逸ノ城
の左上手が切れました。

先に申せば、取組後のインタビュー
で、栃ノ心は逸ノ城の左を切る
つもりはなったと語っています。

前に出ながら、いつの間にか、
逸ノ城の左が切れてしまった、
という表現が正しいでしょう。

これが、今場所の栃ノ心の強さ
です。

栃ノ心を1差で追うことになった
鶴竜の結びの一番についても一言。

今日の対戦相手は御嶽海でした。

御嶽海は初日から7連勝の後、
5連敗中でして、私は鶴竜が
有利ではないかと見ましたが・・・。

やはり、相撲は分かりません。

御嶽海は立ち合いから、左の
のど輪で鶴竜を土俵際に追い
込んでは、そのまま押し出し
ました。

これで、鶴竜は栃ノ心と2差と
なった。

もう、鶴竜の優勝はないと断言
していいです。

傷心でしょう。

最後に、3敗で優勝の可能性を
残している高安についても一言。

すごかったですね、今日の相撲は。

左ののど輪一本で荒鷲を押し出し
ました。

その高安、明日は鶴竜と対戦します
が・・・。

その前に、栃ノ心が明日勝てば、
3敗の両者の結果に関わらず、
栃ノ心の初優勝が決まります。

栃ノ心の対戦相手は松鳳山。

ちなみに過去の対戦成績は栃ノ心
が9対3でリードしていますが、
ここ1年では松鳳山の2勝0敗。

まあ、やってみないと分かり
ませんねえ、この一番は。

栃ノ心からすれば、この一番に
勝てば、まさかの初優勝という
ことで、相当緊張することは
間違いない。

栃ノ心からすれば、いつもどおり
の「右差し、左上手」を狙いに
行くでしょう。

しかし、松鳳山も押し相撲には
定評がある力士です。

栃ノ心に組ませまいと、必死に
押し相撲に徹するのではない
でしょうか。

難しいね。

普段、そんなにこちらとしても
気合を入れて見ていませんから。

栃ノ心が敗れれば、結びの鶴竜と
高安の勝者が1差で追うこととなり
ますが、鶴竜はもう無理でしょう。

ここに来て3連敗は意気消沈どころか、
戦意喪失しているはずです。

この対戦は高安の勝利が濃厚ですが・・・。

栃ノ心がすんなり決めそうな気が
します。

まあ、明日は大一番。

私もなるべく早めに更新したいと
思います。



*いよいよです! ↓



posted by あらやまはじめ at 21:00| 神奈川 ☀| Comment(0) | 栃ノ心 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:







「いいね!」はコチラ!↓


にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
にほんブログ村

にほんブログ村 歴史ブログ 日本の伝統・文化へ
にほんブログ村