2018年01月08日

式守伊之助の「泥酔セクハラ」について一言・・・立行司の空位は1994年初、春場所にあったと初めて知りました・・・ということは・・・

昨晩、姉妹ブログの「ニュースブログ」
にて、私は下記の記事を書きました。↓

・式守伊之助の「泥酔セクハラ」は、男の10代行司相手だからややこしい・・・しかし、もう一人の立行司、木村庄之助もいないわけですから、相撲協会も簡単には伊之助をクビにはできないでしょう

http://arayamanews.seesaa.net/article/456033475.html


しかし、今日のデイリースポーツに
載っていた記事を確認したところ、
「そうだったのか」と初めて知る
ことがありましたので、当ブログ
にて追記します。

私は昨日のニュースブログにて、
「立行司不在という事態は、私も
長年相撲を見てきて、聞いたこと
がない」と記載しました。

ところが・・・。

あったんですねえ、立行司空位の
時代が。

それは、デイリースポーツによれば、
1994年初、春場所にあったと。

・・・知りませんでした。

もっとも、「言い訳」をさせて頂け
れば、私はこの時期、アメリカに
4年間留学していました。

帰国したのは1994年5月ですから、
夏場所の頃ですね。

初、春場所となると、私が帰国する
直前の出来事です。

正直、あまりこの頃のことは記憶に
ありませんが、留学中の相撲事情に
ついては、こればかりは分かりません。

でも、あったという事実は大きい
ですよ。

私は記事タイトルにもありますように、
「相撲協会も簡単には伊之助をクビ
にはできないでしょう」と昨晩予想
しましたが、前例があるとなれば
話は違ってきます。

伊之助はクビになる可能性もあると
いうことです。

立行司がいないと大相撲は成り立たない
と思ってきましたが、いない時期があった
となれば、今回も「立行司なしで行う
しかない」となるでしょう。

前例があるわけですから。

もっとも、前回の空位がどのような
経緯でそうなったのかは不明ですので、
なんとも言えませんが・・・。

まあ、深いですなあ、大相撲の世界は。

初場所の初日まで1週間です。

伊之助の処分についても目が離せなく
なってきました。



*こんな時ばかり行司さんが取り上げ
られるのも、ちょっと癪ですがね。↓









posted by あらやまはじめ at 00:17| 神奈川 ☁| Comment(0) | 行司 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:







「いいね!」はコチラ!↓


にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
にほんブログ村

にほんブログ村 歴史ブログ 日本の伝統・文化へ
にほんブログ村