2017年12月21日

【臨時理事会・総括】横審が白鵬の取り口を批判したのと、相撲協会による貴ノ岩への特別救済措置の決定は珍しく画期的でした・・・白鵬は報酬減額よりも出場停止処分の方が本人のためにも良かったと思いますが・・・

相撲協会と横審による昨日の臨時
理事会について、今朝の産経新聞
では一面トップで記事が掲載され
ました。

スポーツ紙ではなく、一般紙でも
相撲の記事が一面トップになると
いうのは異例のことでして、今回の
問題がいかに国民的関心事になって
いるのかがよく分かります。

その詳細については新聞やテレビで
何度も報じられていますので、ここ
では言及を避けます。

今回は【臨時理事会・総括】と題して
3点に絞って、まとめたいと思います。

そもそもこの手の理事会に関して、
私は昔から全く期待をしておりません
でして、今回も「お茶を濁す程度の
結果になるだろう」と予想していま
した。

ところが・・・。

いい意味で裏切られました。

しかも、2点において。

まず、1点目。

横審が白鵬の取り口を批判したと
いうことです。

私は当ブログでここ2、3年ずっと
白鵬の立ち合いについて「張り手は
禁止にすべき」、あるいは「あの
かち上げは『エルボー』であり、
プロレス技だから、当然禁じ手で
ある」旨、何度も何度もしつこい
くらいに指摘してきました。

しかし、相撲協会はおろか、お目
付役といってもいい横審も白鵬の
立ち合いについてダンマリを決め
込んできた。

よって、白鵬に限らず、相撲協会も
横審も「無用の長物」と私は批判
してきたわけですが、今回、横審が
初めて白鵬の立ち合いについて
公の場で痛烈に批判したことは、
実に画期的なことでした。

これねえ、テレビでも何度も報道
され、白鵬も今後は立ち合いに
張り手や「エルボー」は間違い
なく、しづらくなるはずです。

ものすごい圧力を与えましたよ、
白鵬には。

相撲協会や横審の間だけで言った
って、白鵬にはどこ吹く風ですが、
世間が「張り手やエルボーは見苦しい
ものだ」ということを知ってしまった
わけです。

普段、相撲を見ない視聴者層にも。

これは大きい。

初場所の白鵬がどのような立ち合いを
見せるのか、今から楽しみになって
きました。

そして、その立ち合いが優勝争いに
与える影響も大きくなってくるはず。

その意味では、今回、横審が白鵬の
取り口を批判したことは絶賛したい
ですね。

2点目。

今度は相撲協会側の「いい意味での
裏切り」です。

貴ノ岩への特別救済措置が決定
されました。

九州場所で全休した貴ノ岩は初場所
十両に落ち、初場所も全休の可能性
が大です。

そうなると、春場所、貴ノ岩は幕下に
落ちることとなりますが・・・。

相撲協会は「貴ノ岩が初場所全休した
としても、春場所は十両最下位の西
十四枚目に据え置く」ことを発表しま
した。

これも画期的でした。

なにしろ、公傷制度の廃止以降、この
ような救済措置は取られたことは、私が
覚えている限り、一度もないからです。

というか、公傷制度をそもそも復活
させるべきであることも当ブログでは
やはり何度も言及してきました。

「土俵上でのケガで休場した場合、
翌場所の番付は据え置く」というのが
公傷制度の趣旨でしたが、その趣旨に
照らし合わせれば、貴ノ岩は「土俵外
でのケガで休場」でしたので、仮に
公傷制度があったとしても当てはまら
ないわけですが・・・。

皮肉なもので、公傷制度があったと
した番付据え置きにならない理由で
貴ノ岩には特別救済措置が取られる
こととなりました。

この際だから、公傷制度もついでに
復活すればいいんですよ。

こういうのは、なし崩し的に決めても
いい。

力士だって、安心して土俵で相撲が
取れることになるわけですからね。

最後、3点目。

白鵬は初場所の報酬が全額返上となり、
2月も50%返上となりましたが・・・。

これは「大甘」でした。

白鵬だけでなく鶴竜も初場所のみ
報酬を全額返上となりましたが、
鶴竜に関しては初場所が「進退を
かける場所」です。

別に報酬減額をしなくても、初場所
の序盤で負けが込めば、自動的に
引退に追い込まれる立場ですし、
おそらくそうなるであろうと私は
見ていますから、別に鶴竜に制裁を
加える必要はなかった。

日馬富士に対する影響力だって、その
実績も含め、小さいと思われますし。

むしろ、今回の「暴行事件」の
きっかけを作った白鵬は報酬減額
よりも出場停止処分の方が本人の
ためにも良かったのではないか。

横綱の月収は確か282万円でしたか。

白鵬の場合、懸賞金や優勝賞金、
さらにはCM出演などで1億円以上
の年収があると言われています。

420万円くらいの収入がなくなっても
痛くもかゆくもないでしょう。

それより、出場停止処分となれば、
まるまる一場所「元気なのに相撲が
取れない」わけですから、精神的に
大きな痛手となります。

これでまた初場所、白鵬が優勝したり
したら、優勝インタビューで言いたい
放題、自分に有利なことを言うはず。

「皆様のため、心を入れかえ、優勝
することができました」とかね。

というか、白鵬が優勝したら、優勝
インタビューはなしでいいんじゃない
ですか、もう。

毎回毎回、物議を醸しているわけです
から。

今からでも遅くないから、出場停止処分
にするのが身のためだと思うんですが
ねえ。

・・・今回は以上です。

他にも貴乃花親方への処分先送り
など、いろいろ触れたいことはあり
ますが、公式ブログかニュースブログ
の方で後程、追記ができればと思って
いますので、そちらもどうぞご期待
下さい。




*「相撲の歴史」は、大相撲ファンで
あれば、ぜひとも読んでおきたい
一冊です。↓

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

相撲の歴史/新田一郎【2500円以上送料無料】
価格:2621円(税込、送料無料) (2017/12/21時点)



posted by あらやまはじめ at 15:18| 神奈川 ☀| Comment(0) | 白鵬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:







「いいね!」はコチラ!↓


にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
にほんブログ村

にほんブログ村 歴史ブログ 日本の伝統・文化へ
にほんブログ村