2017年12月01日

昨日の理事会に白鵬を呼んで厳重注意したのは、相撲協会の一つの進歩…どうせなら、その場で「張り手、エルボー禁止令」を出せば、もっと良かったのですが…

今回の一連の「日馬富士暴行事件」
について、書きたいことは山ほど
あるのですが…。

幸か不幸か、こういう時に限って、
連日超多忙であり、今日も出先から
の更新となりますので、手短かに
参ります。

昨日、相撲協会で理事会が開かれ
ました。

結局、終わったのは夕方近く
だったようですね。

時間が押したのは、貴乃花親方
の件もあったからでしょうが、
その話題は後程、公式ブログ
かニュースブログの方で取り
上げたいと思います。

私が驚いたのは、理事会に
白鵬が呼ばれて、厳重注意を
受けたことです。

千秋楽の優勝インタビューの
際に語った「日馬富士と貴ノ岩
を土俵に上げたい」発言と、
その後の万歳三唱が「横綱の
品格としては相応しくない」と
いうことで白鵬には厳重注意が
下ったわけですが、これは相撲
協会にとっては一つの進歩でした。

今回の発言や万歳三唱に限らず、
白鵬に横綱の品格がないことは、
相撲ファンならだれもが知って
いることです。

普段の相撲を見ていれば一目瞭然
じゃないですか。

やらなくてもいい張り手を立ち
合いから見せては、かち上げと
称して実際は「エルボー」で
肘打ちをし、しまいには、手を
顔の前にかざして、「目つぶし」
までしようとする。

こんなに相撲の汚い横綱は、
いや、力士はこれまでに私は
一度も見たことがない。

「勝てば、何をやってもいい」
という白鵬の態度は横綱の
態度ではありません。

勘違いしているんですよ。

横綱という地位を。

「実るほど頭を垂れる稲穂
かな」という言葉、モンゴル
にはないんだろうな。

白鵬があまりに優勝回数を
増やしすぎて、師匠の宮城野
親方はもちろんのこと、他に
白鵬に苦言を呈する親方は
ほとんどいなくなってしまった。

だからこそ、当ブログでは
細々とではありますが、こう
して白鵬に目を光らせては、
「悪いものは悪い」と追及
しているつもりですが…。

届かないのが悔しいね。

結構な数の方々に読んでは
頂いていますが…。

どうせなら、昨日、相撲協会は
理事会で白鵬に、「ついで」
でも良かったから、「張り手、
エルボー禁止令」を出せば
もっと良かった。

まあ、でも、一歩一歩でしょう。

今後の更なる追及に注視すると
共に期待もしていきたいと思い
ます。


*今月の「月刊相撲」の表紙は
白鵬ですが、来月は果たして…。↓


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

相撲 2017年 12月号 [雑誌]
価格:1030円(税込、送料無料) (2017/12/1時点)


posted by あらやまはじめ at 13:03| 神奈川 ☁| Comment(0) | 白鵬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:







「いいね!」はコチラ!↓


にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
にほんブログ村

にほんブログ村 歴史ブログ 日本の伝統・文化へ
にほんブログ村