2017年11月28日

【平成29年大相撲九州場所・視聴率速報】秋場所と比べれば、視聴率は総じて上がりましたが、その理由は?・・・日馬富士の暴行問題で、普段相撲を見ない人も振り向いたということでしょう

今日は【総括・平幕編】をお届け
しようと思っていましたが、産経
新聞の視聴率速報を見ていて、
こちらの話題を取り上げることに
しました。

11月20日〜26日、大相撲九州場所の
九日目から千秋楽までの視聴率の
推移が非常に興味深かったので、
ビデオリサーチ関東地区のデータ
をお借りして、取り上げたいと
思います(カッコ内は秋場所の
同日の視聴率です)。

・九日目 ・・・16.8%(14.0%)
・十日目 ・・・14.5%(12.9%)
・十一日目・・・15.8%(14.2%)
・十二日目・・・17.2%(14.6%)
・十三日目・・・16.6%(16.2%)
・十四日目・・・17.2%(16.8%)
・千秋楽 ・・・12.8%(17.8%)


千秋楽を除けば、総じて視聴率が
上がったことがよく分かります。

十四日目に白鵬の優勝が決まって
しまいましたから、千秋楽の視聴率
は大幅にダウンしましたが、これは
九州場所に限った話ではありません。

「十四日目に優勝が決まれば、千秋楽
は大相撲中継を見ずに『笑点』を見る」
という年配視聴者は非常に多い。

そもそも、視聴者層がかぶっています
からね。

実際、今場所千秋楽の裏番組の「笑点」
は18.9%の高視聴率を記録しました。

しかし、九日目から十四日目までなぜ
先場所よりすべて高視聴率だったのか。

その理由は・・・。

日馬富士の暴行問題で、普段相撲を
見ない人も振り向いたであろうことが
考えられます。

なにしろ、ニュースのみならず、ワイド
ショーでも、新聞のテレビ欄の見出しを
見る限りでは、先週は連日この話題が
大きく報道されました。

これだけ報道されれば、「ちょっと
相撲を見てみようか」と思った視聴者
も多かったに違いない。

ものすごい宣伝効果になったわけですよ。

はからずも。

私が注目していたのは白鵬が嘉風に
敗れた十一日目の視聴率でした。

ですが、上記のとおり、そんなに
上がりませんでしたね。

むしろ、その敗戦が話題となり、翌
十二日目の視聴率が跳ね上がった
ことが印象的かな。

結果的にはこの十二日目と、白鵬が
優勝を決めた十四日目の視聴率が
17.2%で最高となったわけですから。

日馬富士の暴行事件の話題は九州場所
終了後も続いています。

後程、私の公式ブログでも記事を出し
ますが、「情報が出れば出るほど、
よく分からなくなってきている」と
いうのが実際のところでして・・・。

母国語がモンゴル語ですから、日本語
に直した時に微妙なニュアンスが
伝わらないという問題も当然あります。

まあ、しばらく時間はかかるでしょうな。

まずは、後程更新する予定の公式ブログ
の記事をご覧下さいませ。



*視聴率に関する本は少ないですが、
これは読んでいて面白かった。↓



posted by あらやまはじめ at 20:27| 神奈川 ☀| Comment(0) | 日馬富士 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:







「いいね!」はコチラ!↓


にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
にほんブログ村

にほんブログ村 歴史ブログ 日本の伝統・文化へ
にほんブログ村