2017年11月19日

【平成29年大相撲九州場所・中日速報】なんぼ逸ノ城が好調とはいえ、稀勢の里、今日の相撲はないですよ、もう休場した方がいい・・・嘉風が高安を破った一番、若手は手本にすべきでしょう

中日の今日、まずは、結び前の稀勢の里
と逸ノ城の取組から見ていきましょう。

左四つの稀勢に対し、逸ノ城は右の
けんか四つ。

立ち合い、稀勢は左からおっつけに
行きましたが、逸ノ城は簡単に稀勢に
左を許さず、むしろ右から圧力をかけて
前に出ました。

さらに、今場所好調な逸ノ城は左も
差して、もろ差しに。

こうなると、稀勢はどうすることも
できません。

逸ノ城、難なく稀勢を寄り切って、
久々の金星を挙げました。

稀勢の里は中日が終わって4勝4敗。

やっぱり、左が元通りに使えていない
というのは致命傷です。

体はある程度動いていると思います。

ただ、左がうまく使えない上に、
今場所は相撲勘が戻らないのか、
稽古不足なのかは分かりませんが、
下半身が「軽い」。

粘りがない。

だから、今日も逸ノ城に寄られると、
残す術がなかった。

まあ、中日で4敗となると、厳しい
でしょう。

もう休場した方がいいかもしれない。

明日は得意の宝富士が対戦相手ですが、
ここで敗れるようなことがあれば、
休場は決定的でしょう。

そうなる前に、明日から休場した方が
いいと思いますよ。

下半身を鍛え直して、初場所への
調整をしっかりしてほしいですね。

今日は、その前の高安と嘉風の一番も
少し振り返ってみましょう。

嘉風は今場所もいい相撲を取って
いますが、今日も良かった。

立ち合い、高安は右から張り差しに
行きましたが、こういうのを「無用
の長物」と言います。

高安からすれば、嘉風を中に入れない
ために張っていったのでしょうが、
逆に脇が空いて、嘉風に中に入られ、
終始、嘉風のペースで突き押しの相撲
となり、最後は高安の足がそろった
ところで、嘉風が突き落としで破り
ました。

というか、高安の自滅ですな。

まあ、嘉風を褒めるべきでしょう。

若手は嘉風の相撲を手本にすべきです。

立ち合いもきちんと仕切り線に両手を
ついて、動き回るだけ動き回って、
勝っても負けても、お客さんを楽し
ませてくれる。

力士の鑑です。

これで4勝4敗に星を五分に戻しました
から、今場所も勝ち越しが見えてきた。

というか、二桁勝って、大関とりの
足掛かりにしてもらいたいですよ。

こういうベテランが大関になったら、
面白くなるだろうなあ。

最後に、結びの白鵬と北勝富士の取組
についても一言。

相変わらず「汚い相撲」を取ります
ねえ、白鵬は。

立ち合い、左から張って、組み止める
と土俵際、「ダメ押し」ならぬ「ダメ
寄り」で一蹴。

・・・昨日の当ブログでも触れましたが、
こんな相撲を誰が見たいのか?

というか、こういう相撲しかもう
取れないのかもしれません、白鵬は。

今日の支度部屋で、白鵬は今日の相撲
を評して「後の先」と言っていたよう
ですが、笑止です。

双葉山が立ち合い、いつ張った?

「相撲美」に反する立ち合いを双葉山は
しなかった。

我が身を双葉山に例える愚はもう
やめなさい。

こういう自分勝手な力士がまた今場所
も優勝するのかと思うと、だんだん
相撲を見る気力も失せてきます。

私でさえそうなのですから、最近
相撲を好きになったファンはもっと
そう思うことでしょう。

重ね重ね言いますが、立ち合いの
張り手と「エルボー」、相撲協会は
禁じ手にすべきです。

しなければならない。

相撲が相撲でなくなっている。

回復したと思われた相撲人気、もう
下降線をたどり始めていますよ。



*久々に存在感を見せた逸ノ城の
グッズ、いくつか紹介しておきます。↓















posted by あらやまはじめ at 19:46| 神奈川 ☀| Comment(0) | 逸ノ城 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:







「いいね!」はコチラ!↓


にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
にほんブログ村

にほんブログ村 歴史ブログ 日本の伝統・文化へ
にほんブログ村