2017年10月15日

白鵬が、昨日の金沢巡業から合流・・・4日も断食をしたということですが・・・力士の断食というのは、他の力士こそやるべきだと思いますねえ

今日、私が購入した日刊スポーツの
10面の下の方に、かろうじて相撲の
話題が小さく載っていました。

まあ、今の時期は、プロ野球のCSの
話題が5面くらい使っていますから、
仕方がないですが・・・。

相撲の話題、見出しは白鵬でした。

「白鵬が巡業合流!! 断食効果で
元気」


・・・この見出しを見ると、「白鵬は
本当にケガをして休場していたのか」
と思う読者の方もいらっしゃるかも
しれません。

本来、左膝痛で休場したわけです
からね、秋場所を。

ですが、白鵬は昨年の秋場所を全休
した時にも断食をしています。

それは、私もこのニッカンの記事を
読んで、思い出しました。

通常、力士が断食をする、となれば、
親方が止めますが、白鵬の場合、
実績が断トツですから、親方で
あっても何も言えないのでしょう。

ただ、昨年秋場所に全休後は、白鵬、
何回か優勝をしていますからね。

断食の成果かどうかは分かりません
が、少なくとも「失敗」ではないことは
明らかです。

記事によれば、白鵬、昨年よりも
一日多い四日間、断食を行い、
体重は10キロ落ちて145キロまで
減量したとか。

もっとも、その後の稽古などで
現在は152キロまで戻っている
ようですが。

・・・この取り組み方を見て、私は
思いましたねえ。

「他の力士こそ、断食をすべき
ではないか」と。

いや、ブクブク太りすぎなんです
よ、大方の力士は。

体重がどんどん増えるが故、その
アンチテーゼとして白鵬のような
第一人者が断食を試みているので
あれば、私は珍しく白鵬を絶賛
したい。

白鵬はねえ、もう39回も優勝して、
「次の目標」を探しかねていると
思うんですよ。

しかし、私はこの白鵬の断食の
様子を見て、「減量してどこまで
勝てるのか」という、新たな目標が
生まれたのではないかと想像して
います。

白鵬の相撲の取り口に関して
言えば、私は以前より批判的で、
「立ち合いの張り手やエルボーは
やめるべき」と何度も何度も何度も
当ブログで断罪しています。

ですが、このような白鵬の取り組み
には、ちょっと注目したい。

体重をあえて減らした時に、白鵬が
どのような相撲を取るのか、という
点については。

正直、対戦相手は「白鵬が相手か・・・」
というだけで意気消沈するところが
あるでしょう。

立ち合いはおろか、仮に立ち合いで
先手を取ったとしても、その後の技
が白鵬にはある。

ですが、体重を減らした時、白鵬が
どんな取り口をするのか。

立ち合いの圧力は減るでしょうから、
対戦相手によっては「チャンスが
出てくる」と思うかもしれない。

そこで、白鵬が立ち合いに仮に
先手を打たれたとして、その後、
どう相撲を取るのか、というのは
ちょっと興味がありますねえ。

場合によっては、「断食は失敗
だった」と思い、元に戻すかも
しれませんし、成功すれば、
「新たな白鵬」が見られるかも
しれない。

まあ、こういう取り組みは大賛成
です。

何もしないで、第一人者を名乗り
続けられるほど、角界は甘い世界
ではありません。

白鵬の九州場所、ちょっと期待
しようではありませんか。


*断食の効果については、様々な
書物もありますが、果たして・・・。↓

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

3日食べなきゃ、7割治る! 病院で殺される前に [ 船瀬俊介 ]
価格:1404円(税込、送料無料) (2017/10/15時点)












posted by あらやまはじめ at 21:45| 神奈川 ☔| Comment(0) | 白鵬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:







「いいね!」はコチラ!↓


にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
にほんブログ村

にほんブログ村 歴史ブログ 日本の伝統・文化へ
にほんブログ村