2017年09月23日

【平成29年大相撲秋場所・十四日目速報】3敗の豪栄道、「執念の渡し込み」を見せた貴ノ岩戦は見応えがありましたね・・・明日、千秋楽の結びで4敗の日馬富士と対戦、優勝決定戦が濃厚かな?

「収まるところに収まって」きました
ねえ、秋場所も。

結論から申せば、今日十四日目を
終えて、3敗でトップが豪栄道、
1差で追う4敗力士は日馬富士のみ
となりました。

一昨日まで4敗力士は10人もいた
のですが・・・。

まあ、この辺が相撲の面白いところ
でして、うまい具合に均衡が取れて
くるものなんですなあ。

一人くらい、幕内下位で、先場所の
碧山のように大勝ちする力士が毎場所
出てくるのですが、今場所に限っては
出てこない。

この辺は、力士の「心理」でしょうね。

先場所は碧山が大勝ちしましたが、
それも白鵬がトップを走っていて、
優勝など狙わずに気楽に相撲を
取れていたからだと思いますよ。

今場所に関しては、少なくとも、
一昨日あたりまでは「4敗力士の
10人」にも優勝のチャンスがあった。

しかし、そうなると、どこかに優勝の
意識が出て、いつもの相撲が取れ
なくなる。

4敗力士が次々に敗れたのは、そう
いう面もあるはずです。

もっとも、新入幕で昨日まで4敗の
朝乃山にはそのような意識すら
なかったでしょうが。

昨日になって、我が身が横綱と同じ
4敗と知って、固くなったであろう
ことは分からないでもない。

案の定、今日、朝乃山は敗れ、5敗
に後退。

でも、いい経験だと思います。

今日は結び前の豪栄道と貴ノ岩、
結びの日馬富士と御嶽海の取組
に絞って、振り返っていきます。

まず、豪栄道ですが、立ち合い、
手付き不十分で二度も「行司
待った」を食らいました。

これねえ、日馬富士が今場所の
前半の琴奨菊戦で「行司待った」を
かけてもおかしくなかった一戦の
影響もあるのだと思います。

あれ以降、行司さんが一様に、
手付きに厳しくなった。

正直言えば、相撲協会主導で、
立ち合いでは、全力士が両手を
必ず仕切り線に付くように義務
付けるしかないですよ。

二度とこういう問題を起こさない
ためには。

嘉風の立ち合いをご覧なさい。

必ず、握った両拳を仕切り線に
付けている。

全力士がお手本とすべき立ち合い
です。

それでいて、幕内最年長で結果を
出し続けているのですから。

「嘉風ルール」とでも名付けて、
相撲協会が周知徹底してほしい
ものです。

・・・豪栄道に戻りましょう。

三度目の立ち合い、ようやく立った
両者。

豪栄道の立ち合いは低かったです
ねえ。

突き押しの応酬となりました。

豪栄道は貴ノ岩に突き返されると、
一瞬肩すかし気味に引き技を見せ
ましたが、「引き切らなかった」。

一方の貴ノ岩は途中、二回いなして、
豪栄道の体は大きく傾き、正直、私は
「豪栄道、今日も厳しいぞ」と思った。

しかし、今日の豪栄道は貴ノ岩に
体勢を崩されても、低い姿勢を
崩さずに前に出て行きました。

豪栄道が土俵際に貴ノ岩を一気に
持っていこうとしたとき、貴ノ岩は
左上手をつかんで、逆転の投げに
行きました。

「こりゃ、ダメだ」と思いましたが、
豪栄道、なんと、右から渡し込み
に行ったんですなあ。

執念ですよ、あの渡し込みは。

あそこで渡し込みに行っていなかった
ら、豪栄道は間違いなく貴ノ岩に
ひっくり返されていた。

咄嗟の判断だったのでしょうが、あの
あたりが「さすが、大関」と唸るところ
でしてね。

見応えのある一番でした。

今場所一番かもしれない。

さて、豪栄道が勝って、結びで4敗の
日馬富士が敗れると、今日、豪栄道の
優勝が決まります。

その日馬富士が御嶽海の挑戦を受けた
一番についても少し見ていきましょう。

日馬富士の立ち合いは今日も低く、
鋭かったですねえ。

日に日に、本来の日馬富士の立ち合い
に戻ってきています。

日馬富士は左の前みつを取ると、右の
前みつも取った。

御嶽海は、左を差して、結果的には
もろ差しとなりましたが・・・。

日馬富士の引きつけが強烈でしたね。

なんぼもろ差しになっても、外四つで
あれだけ引きつけられると、御嶽海は
「手を動かせない」状態になります。

脇も締めていましたしね、日馬富士は。

そのまま、外四つで寄り切った日馬富士、
完勝。

さあ、これで「3敗の豪栄道」と「4敗の
日馬富士」に優勝は絞られました。

明日の千秋楽、結びの一番でこの
両者が対戦します。

豪栄道が勝てば2度目の優勝。

日馬富士が勝てば、優勝決定戦となり
ます。

ちょっと、明日の対戦、占ってみま
しょうか。

過去の対戦は日馬富士の31勝11敗。

日馬富士が大きくリードしています。

なにより、終盤に入ってからの日馬
富士は、立ち合いの鋭さに本来の
キレ、スピードが戻ってきました。

一方の豪栄道は、一昨日、昨日と
連敗し、今日も危うく敗戦する
ところでした。

登り調子の日馬富士に対して、
状態が下降気味の豪栄道。

正直、立ち合いから日馬富士が
一気に豪栄道を持っていく可能性が
高いのではないかと私は見ています。

となると、4敗で優勝決定戦になる
わけですが・・・。

決定戦となれば、日馬富士も考える
ところは出てくるでしょう。

「立ち合い、豪栄道は変化してくる
んじゃないか」とかね。

豪栄道からすれば、やっぱり、ここは
「前みつを取る相撲」に徹してほしい
と思います。

右でも左でもいいから。

下手な張り差しだの、押し相撲だのは
やめた方がいい。

絶対勝てませんから。

「初優勝した時の相撲を思い出せ」
と言いたいですね。

決定戦に限らず、結びの一番でも
言えることですが、豪栄道は日馬富士
よりも低い立ち合いで、前みつを取り
に行くことですよ。

それしかない。

日馬富士が時折、左にやや変化して
左上手を取りに来る相撲を取られたら
「ごめんなさい」であきらめるしかない。

前みつを取って、前に出る。

これが、豪栄道にとって、2度目の優勝を
手中にする唯一の方法です。

明日は、この結びの一番、場合によっては
優勝決定戦も含め、豪栄道と日馬富士の
取組に尽きます。

明日の当ブログでも、余程他に何か言及
することがない限りは、この両者の
取組について詳報をお伝えできればと
思っています。

こちらもご期待下さいませ!


*2度目の優勝は目の前ですが・・・どう
なりますかね。↓

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

すもう道まっしぐら! (集英社みらい文庫) [ 豪栄道 豪太郎 ]
価格:691円(税込、送料無料) (2017/9/23時点)




posted by あらやまはじめ at 20:56| 神奈川 ☁| Comment(0) | 豪栄道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:







「いいね!」はコチラ!↓


にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
にほんブログ村

にほんブログ村 歴史ブログ 日本の伝統・文化へ
にほんブログ村