2017年07月28日

日馬富士は「左肘の炎症」ですか、手術するなら早い方がいいでしょう…秋場所は全休になっても、やむを得ないと思います

昨日、伊勢ヶ浜親方が日馬富士に
ついて、「左肘の炎症」である
ことを明らかにしました。

先の名古屋場所では千秋楽まで
相撲を取り続けてきた日馬富士
でしたが、見るからに痛々し
かった。

両肘はおろか、両膝、両足首に
テーピング。

正直、相撲をまともに取れる
状態ではなかったことは明らか
です。

それでも、なんとか二桁は勝った
のですから、ほとんど精神力だけで
土俵に上がったものかと思われます。

先日、夏巡業を休場することが
伝えられた日馬富士ですが、
状況によっては手術をすること
も昨日伊勢ヶ浜親方より発表が
ありました。

個人的には、日馬富士は手術を
するなら早い方がいいと思います。

弟弟子の照ノ富士は、さっさと
手術をしました。

以前もそうです。

照ノ富士は大関で日馬富士とは
立場が違いますが、手術を早めた
ことで、先々場所あたりまでは
優勝争いに加わるほどの回復
ぶりを見せました。

決断を遅らせれば遅らせるほど、
回復は遅れます。

秋場所は全休になっても、やむを
得ない。

「全身全霊」の横綱を責める者は
いまい。

早く手術して、しっかりと治して
万全に近い状態で土俵に上がって
もらいたいものです。


*好評発売中! ↓

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

相撲 2017年 08月号 [雑誌]
価格:929円(税込、送料無料) (2017/7/28時点)


posted by あらやまはじめ at 19:11| 神奈川 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日馬富士 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック






「いいね!」はコチラ!↓


にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
にほんブログ村

にほんブログ村 歴史ブログ 日本の伝統・文化へ
にほんブログ村