2017年07月25日

【平成29年大相撲名古屋場所・総括・平幕編】初の上位戦で勝ち越した北勝富士は見所がある力士、将来を期待したい・・・前半は宇良、後半は碧山が名古屋場所を盛り上げてくれました

名古屋場所の総括、今日は平幕編です。

三役編では、上位陣への苦言が続いて
しまいました。

・・・まあ、仕方ないですよ。

上の人間はどの世界でも批判される
ものです。

会社でもそうでしょう?

私なんかも会社勤めをしていた頃は、
ちょっとしたことでも、あらゆる
方向から批判されたものです。

角界でも、高給取りであるが故に、
求められるものは大きいわけです
からねえ、上位陣は。

特に、横綱大関陣は。

しかし、平幕陣は今場所はなかなかに
見応えがある力士が多かったように
思いますよ。

ちょっと、簡単に振り返ってみましょう。

上から見て行けば、西二枚目の北勝
富士からまずは触れましょうか。

私は先場所までの北勝富士の相撲は
ほとんど見ていません。

ですので、前評判が高いとはいえ、
この力士がどれくらい上位で通用
するのか、目を凝らして見ていま
したが・・・。

使えます!

なにより、初日の高安戦、三日目の
鶴竜戦を見て、私は驚きました。

特に三日目の鶴竜戦は、自らが
鶴竜の相撲を研究していることが
NHKの大相撲中継で披瀝された直後、
本当に勝ったのですから、これは
称えるしかない。

しかも、横綱初挑戦でね。

序盤だけでなく、中盤、終盤と、
コンスタントに勝ち星を重ねた
ことは評価していいでしょう。

北勝富士の場合、一見、押し相撲の
ように見えるのですが、組んでも
それなりに相撲が取れるというのは
魅力です。

この点は、西関脇で勝ち越した
御嶽海と比べても、遜色がない
どころか、御嶽海以上の将来性を
感じさせます。

見所がある力士であることは間違い
ない。

来場所はもう少し番付を上げる
でしょう。

楽しみです。

今場所の序盤から中盤にかけて、
土俵を沸かせたのが宇良である
ことは誰もが否定できません。

ピークは九日目の日馬富士戦。

こういうときに限って、私は帰省
した仙台からの帰りの車の中の
ラジオでこの取組を聞いていま
したが、後程VTRで見たら、立ち
合い、宇良は日馬の腕をすぐに
取って、とったりに行っていま
したねえ。

センスがある。

ああいう咄嗟の判断には、力士の
センスが出ます。

惜しむらくは、その翌日、高安との
相撲で膝を痛めてしまったことです。

来場所に響かないことを願うばかり
ですよ。

今場所の後半戦、というか、千秋楽
に向かうにつれて盛り上げたのは
13勝2敗で準優勝となった碧山です。

この力士も2、3年前くらい前までは
三役の常連でしてね。

当ブログでも何度も取り上げました。

一時期は、その立ち合いからの圧力
をかけた、重い突っ張りを武器に
「次期大関候補」と私は取り上げた
記憶があります。

ですが、どこかケガをしたのかと
記憶していますが、ここ数場所は
幕内中位をウロウロしていた。

私は十四日目と千秋楽の当ブログ
で碧山に対する大いなる期待を
隠しませんでした。

なぜなら、白鵬に対する好敵手と
しての期待も去ることながら、
碧山が優勝決定戦にでも出場する
ことになれば、過去にないくらい
碧山という存在がピックアップ
されると思ったからです。

なぜ、今場所ここまで強くなった
のか?

その秘密を知りたい好角家は、
全国にいる。

千秋楽の三賞インタビューでは、
碧山が「新婚」であることが
好調の原因であるかのように
伝えられました。

それもあるでしょうが、それだけ
ではないはず。

そこをもっと掘り起こさないと。

新婚故に、嫁さんのために頑張った
のは間違いないでしょうが、それで
13勝を挙げられるほど、相撲は簡単
なものではありません。

これは、「月刊相撲」とかで
チェックするしかないですかね。

でも、まあ、今場所の準優勝で、
千秋楽まで優勝争いの火を絶や
さなかったのですから、碧山は
絶賛していいと思います。

以上です!・・・と言いたいところ
ですが、十両以下を見れば、もう
一つ触れたいことがあります。

幕下優勝の矢後ですよ。

先場所、確か幕下15枚目格付け
出しでしたが、大勝はできません
でした。

すると、今場所7戦全勝で幕下
優勝です。

当ブログでも、学生時代の矢後に
ついて以前触れたことがあります
が、来場所は十両に昇進します。

また、こういう逸材が関取に
なるのは、一相撲ファンとしては
うれしい限りでしてね。

若手が上がってこないことには、
角界の活性化はない。

来場所の矢後、ちょっと注目したい
と思います。

・・・今度こそ、以上です!    


*今場所最大の収穫、北勝富士の
カードとTシャツ、紹介しておき
ましょう!↓








posted by あらやまはじめ at 22:08| 神奈川 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 北勝富士 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック






「いいね!」はコチラ!↓


にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
にほんブログ村

にほんブログ村 歴史ブログ 日本の伝統・文化へ
にほんブログ村