2017年07月09日

【平成29年大相撲名古屋場所・初日速報】日馬富士を破った嘉風、故郷・大分の被災者の方々にも元気を与えたんじゃないですか・・・2横綱3大関が敗れる大荒れの初日、稀勢の里と高安の敗因については振り返ってみましょうか

今日から待ちに待った名古屋場所が
始まりました。

今場所も、いつもと同様、毎日19時
までに【速報】記事を書いていきます。

15日間、どうぞよろしくお願い
いたします。

さて、初日の今日を早速振り返って
いきたいと思いますが・・・。

荒れましたねえ・・・。

荒れに荒れました。

2横綱3大関に土。

上位陣で勝ったのは白鵬と鶴竜のみ。

どの一番から振り返ろうか迷いましたが、
やはり、大分出身の嘉風が日馬富士を
破った一番から見ていきましょうか。

立ち合い、低く当たった両者。

すぐに押し合いになるも、両者、
途中見合うなど、日馬富士から
すれば、いつものペースになれ
なかったと言っていいでしょう。

逆に、嘉風はよく見ていましたよ、
日馬の動きを。

日馬が強引に張って出てくるところを、
嘉風、下からもぐりこむように中に
入り、日馬を後ろから抱えるような
体勢になりました。

日馬からすれば絶体絶命の状態。

なんとか、内掛けをしたり、首投げを
打ったりして、体勢は元に戻しましたが、
時既に遅しで、嘉風はそのまま前に出て
寄り切りました。

嘉風の故郷・大分では尋常でない雨の
量によって、死者まで出る被害が発生
してしまいました。

被災者の方々にとっては「相撲どころ
ではない」のが正直なところでしょう。

ただ、私も東日本大震災の時に故郷の
仙台にいて、近くの区役所に行って、
大型テレビで流れているNHKのニュース
を見た記憶があります。

停電中でも、区役所あたりだと、非常
電源があり、NHKの放送を見ることは
できたりします。

相撲中継もNHKで放送されています
から、見ることができた被災者の
方々もいたはずです。

殊勲インタビューでも嘉風が大分の
被災者の方々にメッセージを送って
いましたが、こういうのは、案外、
力になりますからね。

見ていた方々には元気を与えたと
思いますよ。

嘉風は、今場所、より大きな声援を
受けることになるかと思います。

ぜひとも、頑張ってほしいですね。

さて、今日は2横綱3大関が敗れたわけ
ですが、その中でも、場所前から注目
していた稀勢の里と高安の敗因について
は振り返っておきたいと思います。

まず、稀勢の里から。

今日の対戦相手は御嶽海でした。

「左が使えるかどうか」が最大の
焦点でしたが・・・。

全く使えていませんでしたね。

御嶽海が右を固めて「相手の弱点を
つく」のは当然でしてね。

先場所から稀勢の対戦相手は皆
そうです。

先場所よりは状態はいいのでしょう
が、今日の一番を見ている限りは、
まだまだ稀勢の左は「使えない」と
見て間違いない。

苦しい場所になりますよ、今場所も。

新大関の高安の敗因についても一言。

今日の対戦相手は北勝富士でした。

正直、私は「楽勝だろう」と思って
いましたし、高安本人もそう思って
いたに違いない。

ところが・・・。

高安は、受けてしまいましたねえ。

立ち合い、右から当たったまでは
良かった。

しかし、次の手が出なかった。

一方の北勝富士は、高安の動きを
止めるといなして、もろ差しに。

そして、すぐに前に出た。

土俵際、高安は左から小手投げを
試みますが、体勢が崩れており、
そのまま押し倒されました。

これだから、相撲は分からないねえ・・・。

二枚看板の稀勢の里と高安が敗れ、
名古屋のお客さんもがっかりでしょう。

高安は明日が大事ですよ。

明日は勝ち切らないと。

一方、稀勢は難しいかもしれません。

自分のリズムで相撲が取れないようで
あれば、序盤にも休場となる可能性が
出てきたように感じます。

若手との対戦も続きます。

明日の稀勢と高安は、いつも以上に
注目したいと思いますね。


*嘉風が表紙の本です、電子書籍でも
どうぞ! ↓










posted by あらやまはじめ at 18:58| 神奈川 ☀| Comment(1) | TrackBack(0) | 嘉風 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
何度も言いますが、稀勢の里はダイエットしないとダメですよ!
Posted by at 2017年07月10日 01:13
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック






「いいね!」はコチラ!↓


にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
にほんブログ村

にほんブログ村 歴史ブログ 日本の伝統・文化へ
にほんブログ村