2017年05月18日

【平成29年大相撲夏場所・五日日速報】稀勢の里、使えない左を千代翔馬に攻められましたが、よくぞ勝ちましたよ・・・高安は遠藤相手に実力差を見せつけましたね、右の使い方がうまかった

序盤戦が終わりました。

まず、結びの稀勢の里と千代翔馬
の一番から見ていきましょうか。

手負いの稀勢は、左が使えず、苦しい
土俵が続いていますが、今日も弱点を
突かれ、苦しかったですねえ。

立ち合い、なかなか立たない千代翔馬
に、稀勢は一度つっかけました。

二度目の立ち合い、千代翔馬は右に
動いてきました。

やっぱりねえ、稀勢が左を使えないと
なれば、皆、弱点を狙ってくるわけです。

稀勢の左にくっついた千代翔馬は、
今日は動きに動きました。

出し投げを打ったり、外掛けを
狙ったり。

解説の北の富士さんも語っていた
とおり、「うるさい力士」ですよ。

しかし、千代翔馬の右上手を切った
ところで、稀勢にとっては、「勝負
あった」。

右上手を引いては、一気に前に
出ました。

結果、寄り倒しで勝ちましたが・・・。

今日に関して言えば、「下半身で
勝った」とでも言いましょうか。

鋼鉄の下半身。

下半身の安定ぶりだけは、今場所の
稀勢は目を引きます。

明日からの中盤戦、稀勢は左を
あきらめて、右上手を引いて、
下半身の馬力を生かしての攻めに
活路を見出すしかないかもしれ
ませんね。

今日のような相撲が取れれば、優勝
は難しいにしても、二桁には乗せて
くるんじゃないですか。

せめて二桁勝って、綱の責任を果た
そうとしている姿勢には、頭が下がり
ます。

今日の後半戦で、最も国技館の歓声が
湧いたのは「高安×遠藤」戦でした。

この一番も、ちょっと見ていきましょう。

立ち合い、高安は右からかち上げて
いきました。

このところ、高安はかち上げが目立ち
ますが、このかち上げは、今場所
またぞろ見受けられるようになって
きた白鵬の「エルボー」まがいの
かち上げとは違います。

高安のかち上げの方が「正統派」と
でも言いましょうか。

白鵬のかち上げは、誰も言わない
から私は毎場所口酸っぱく言って
いますが、あれは「エルボー」、
プロレス技の反則です。

・・・それはさておき、高安はかち
上げから遠藤を吹き飛ばそうと
思ったのでしょうが、今場所の
遠藤はやはり体が動いています、
左四つに組止めました。

お互いに右上手が取れず、左四つ
の状態が土俵中央で続きましたが、
先に仕掛けたのは高安でした。

右からおっつけて、遠藤の左を
切ったんですなあ。

この右の使い方はうまかった。

これでは、遠藤はどうすることも
できません。

高安、そのまま寄り切りました。

気力、体力、共に充実。

遠藤に実力差を見せつけた高安は
これで圧巻の五連勝です。

本人の言うとおり、全勝優勝も
見えてきたんじゃないですか。

私は、ポカをしない限りは、全勝も
行けると睨んでいます。

今から白鵬との対戦が楽しみですね。

高安のかち上げが、白鵬の「エルボー」
を上回るのか。

「かち上げの正統派」に軍配が上がる
ことを、長年の大相撲ファンとしては
期待したいところではあります。

最後に、その白鵬に御嶽海が挑戦
して敗れた一番についても一言。

御嶽海は、取組後に「かち上げが
来ることは分かっていたから、
もろ差し狙いで行った」と話して
いましたが・・・。

ならば、立ち合いの変化もあり
でしょう。

みんな、まともに行きすぎなん
ですよ、白鵬に対して。

反則まがいの「エルボー」で当たって
くるんですよ。

であれば、その反則技はよけないと。

今日の日馬富士が大栄翔戦で、いい
お手本を見せてくれましたよ。

時折見せる、左に動いて、左上手
を狙っていくという手法。

あれを、他の力士はなぜ真似られ
ない?

白鵬に後で、巡業や稽古場とかで
痛めつけられるのが怖いのか?

遠慮することなんてないんですよ。

プロなんですから。

やり方はいくらでもあるはず。

もう、反則技を立ち合いから
繰り出す横綱に、まともに当たる
のはやめましょうよ。

力だって間違いなく落ちてきて
いるんです、白鵬は。

勝てるチャンスは山ほどある。

なぜ実践しない?

歯がゆすぎる。


*これは面白い。↓







posted by あらやまはじめ at 18:59| 神奈川 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 稀勢の里 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック






「いいね!」はコチラ!↓


にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
にほんブログ村

にほんブログ村 歴史ブログ 日本の伝統・文化へ
にほんブログ村