2017年05月12日

今日のNHKの「シブ5時」、能町みね子さんの相撲コーナーは実に興味深かったですね・・・稀勢の里と白鵬の幕下時代の初対戦の映像、初めて見ましたよ!

今日、私は終日外出しており、夕方に
帰宅しましたが、ちょうど、NHKの
「シブ5時」で能町みね子さんの
相撲コーナーが放送されていました。

洗濯物をたたみながら、娘と一緒に
チラチラと見ていましたが、これは
実に興味深かったですね。

明後日からいよいよ大相撲夏場所が
始まりますが、今日の特集は、昨日
出場を明言した稀勢の里の過去の
取組映像でした。

白鵬の連勝を63で止めた一番はもちろん、
43で止めた一番も珍しく流れました。

そして、横綱に昇進してから私も何度
か見た、「新入幕の初日」の取組も
改めて見ました。

しかし、何と言っても、今日一番驚いた
のは、稀勢の里と白鵬の初対戦の映像
です。

幕内での初顔合わせじゃない、幕下
時代のもの。

これはねえ、初めて見ました!

稀勢の里も今よりだいぶ痩せていま
したが、驚くべきは白鵬の体です。

「ひょろっ」としていた。

「えっ?」と思った。

いや、白鵬が初土俵を踏んだ頃の
写真は見たことがあり、体重も60
キロ台だったことは知っていました
が、幕下時代でもパッと見、100
キロくらいだったのではないか?

まさか、幕下時代でもあそこまで
痩せていたとは・・・。

あの当時は、むしろ稀勢の里
(当時は「萩原」の四股名)の
方が間違いなく「将来有望」と
思われていたのも、さもありなん
です。

この初対戦を見ると、やっぱり、
稀勢は左を差して、右上手を取る
という、現在の形の原型のような
ものが伺えます。

一方の白鵬は、今とは取り口が
全く異なっていました。

いなして、かわして、最後には
稀勢をはたき込みました。

体重が軽かった分、ああいう相撲を
取らざるを得なかったのでしょう。

ただ、足腰の強さは、やはりというか
何というか、当時から「片鱗」の
ようなものはあったと、この一番を
見て感じましたね。

「バネ」があった。

いやあ、驚きました。

この一番を見ただけでも、大いに収穫が
ありましたよ、今日の「シブ5時」は。

明日は、初日前ですので、当ブログ
では、恒例の【展望】を記載したいと
思います。

こちらも、どうぞお楽しみに!



*稀勢の里と白鵬の「力士御手形色紙額」
です。 今のうちにどうぞ!↓




posted by あらやまはじめ at 23:43| 神奈川 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 稀勢の里 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック






「いいね!」はコチラ!↓


にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
にほんブログ村

にほんブログ村 歴史ブログ 日本の伝統・文化へ
にほんブログ村