2017年04月26日

まさかの「稀勢のまわしに北斗の拳」が、日刊スポーツの一面に・・・本人が好きならいいんじゃないですか

遅くなりましたが、今日の日刊
スポーツの一面の話題に、一応
触れておきましょう。

まさか、稀勢の里が一面に載る
とは、前日には思いもしません
でした。

見出しは「稀勢のまわしに北斗の
拳」。

かつて、人気を博した漫画の
「北斗の拳」が、稀勢の里の
化粧まわしに使われることが
分かりました。

横綱の化粧まわしに漫画が用い
られることは初めてです。

これを、どう見るか?

正直申し上げると、私は「北斗の
拳」という漫画、知ってはいます
が、見たことは一度もありません。

私が中学生の頃に流行った漫画
ですが、うちの母親は厳しくて、
その手の漫画は見ることを禁じ
られていました。

もっとも、それで、苦労した記憶
はありません。

漫画が見られなければ見られない
で、他に楽しみを見つけるわけ
です、中学生は。

私の場合、それは演歌・歌謡曲で
あり、アイドルであり、相撲でした。

いつしか、それらに没頭し、「北斗
の拳」の類の漫画は見たいとも
思わなくなり、現在に至るまで
全く見ていません。

それで困ったことも一度もない。

ですので、今回の「稀勢のまわしに
北斗の拳」と聞いても、さほどの
感慨は抱きませんでした。

今回の件は、稀勢の里自身が大関の
時に、「北斗の拳」を手掛ける会社が
「横綱になったら、化粧まわしを送る」
と言ったことがきっかけとなったよう
です。

その会社の方が忘れていて、むしろ、
稀勢の里の方が覚えていて、稀勢から
会社に声をかけたと。

よっぽど好きなんだろうね、稀勢の里は。

「北斗の拳」が。

本人がそこまで好きならいいんじゃ
ないですか。

「横綱の化粧まわしに、漫画は
合わない」という声もあるでしょう。

私もそう思わないでもないですが、
こういうのは慣れですからねえ。

私は「北斗の拳」なる漫画に、
全くと言っていいほど思い入れも
ないですし、別にどうこう言う
理由もないと思います。

本人が気持ちよく土俵入りをして、
それが結果につながれば、それで
いいでしょう。

まずは、その化粧まわしで土俵入り
をして、結果がどうなるかで、本人
もいろいろ考えるはずです。

とやかく言わずに、話題にもなり
ますから、一度やってみたらいい
んですよ。


*好評発売中! ↓






posted by あらやまはじめ at 00:09| 神奈川 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 稀勢の里 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック






「いいね!」はコチラ!↓


にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
にほんブログ村

にほんブログ村 歴史ブログ 日本の伝統・文化へ
にほんブログ村