2017年04月24日

今日発売の「週刊ポスト」の「チケット完売 大相撲 それでも5月場所を見たい人のウラ技」は、意外に読み応えがありました・・・「NHK中継で過去一年の戦績が出る理由」は、なるほどですよ

今日発売の「週刊ポスト」は、GW
合併特大号ということもあり、
読み応えがありました、

(*今週の「週刊ポスト」です。↓)




相撲記事もやはりあり、表紙の
見出しは次のとおりでした。

・チケット完売 大相撲 それでも5月場所を見たい人のウラ技


まあ、これは、私は記事を読む前
から、ある程度、「相撲茶屋に
頼めばいいのでは」と予測を立てて
いましたが、やはり概ねそうでした。

もっとも、「ワザ」も必要ですから、
もしチケットがほしい方は、今週の
ポストを読んでおいた方がいい
でしょうなあ。

それより面白かったのは、他の
記事です。

一例を挙げれば、「NHK中継で過去
一年の戦績が出る理由」です。

これ、「なんのことか?」と思い
ましたが、読めば「なるほど」
でした。

ようは、懸賞旗が土俵上を回る
とき、NHKでは「CM禁止」ですから、
画面に懸賞旗を出すことができない。

それで、「過去一年の戦績を出す」
というわけです。

もっとも、少し見えますがね。

また、懸賞旗を出す企業の音声が
場内では流れますが、NHKの大相撲
中継ではその部分は音声が絞られる
ことはよく知られた話です。

もう一つ、興味深かったのは、
「番付の妙」です。

東十両筆頭で8勝7敗と、東十両
3枚目で9勝6敗の場合、計算上は
どちらも同じ番付(東の幕尻)に
なりますが、その場合、どうなるか?

ここは、あいまいな角界にあり
がちなことだと思いましたが、
「師匠の力関係で上に来る力士が
決まってくる」と。

この辺は「相撲の世界」だと改めて
思いましたね。

このあいまいさ。

でも、それも大相撲の醍醐味でしょう。

きっちりしていないからこそ、ここ
までずっと続いてきたわけですから。

意外と読ませてくれましたよ。

今週のポストも。

侮ってはいけませんなあ。


*こういう本も参考になります。↓

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

大相撲の解剖図鑑 [ 伊藤勝治 ]
価格:1728円(税込、送料無料) (2017/4/24時点)




posted by あらやまはじめ at 23:39| 神奈川 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 相撲全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック






「いいね!」はコチラ!↓


にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
にほんブログ村

にほんブログ村 歴史ブログ 日本の伝統・文化へ
にほんブログ村