2017年03月26日

【平成29年大相撲春場所・千秋楽速報】稀勢の里が、あの「貴乃花」になった瞬間を見た気がしたのは私だけではないでしょう・・・「君が代」斉唱の途中で号泣の稀勢、相撲史に残る一日となったと言っても過言ではないですよ、今日は

何と言えばいいのか。

ちょっと言葉が出てきませんねえ、
今日は。

稀勢の里が先場所に続き、二度目の
優勝を果たしました。

しかし、これはただの優勝では
ありません。

「相撲史に残る優勝」と言っていい。

十三日目の日馬富士戦で、左肩
付近を損傷した稀勢。

昨日、十四日目の鶴竜戦では、
全くと言っていいほど、本来の
相撲が取れなかった。

十四日目が終わった時点で、トップ
を一敗の照ノ富士に明け渡し、今日
は直接対決。

しかし、稀勢の里が優勝するため
には、本割でまず勝たなければなり
ませんでした。

その本割からまずは見ていくことに
しましょうか。

その立ち合い、照ノ富士は一度、
つっかけました。

二度目の立ち合い、稀勢は左に
変化して、右手で照ノ富士を
はたいてきた。

左が使えないのですから、仕方が
ない。

照ノ富士は、そのはたきは食わず、
差し手争いの攻防に。

稀勢が左四つを狙って、左腕を
ねじ込んできたのには驚きました。

昨日より、左は使えていましたね。

驚異の回復力ですよ、これは。

しかし、左はねじ込めず、右四つ
から前に出た照ノ富士に寄られ、
万事休すかと思ったその時。

土俵際で、稀勢は、右から照ノ富士
を突き落とし、これがうまく決まり
ました。

これねえ、照ノ富士側からすれば、
一度目の立ち合いで立てなかった
のが敗因です。

あの時、稀勢は右に動いて、右上手
を取りに行きました。

二度目の立ち合いでは、逆に左に
動いて攻めてきた。

困惑したであろうことは間違いない。

しかも、照ノ富士も左膝の状態が
相当悪くなってきたことが報じら
れていました。

稀勢の左肩と比べれば軽傷でしょう
が、照ノ富士の左膝は古傷ですから
ねえ。

一度で決められず、状態が相当悪く
なっていたのではないでしょうか。

さて、しかし、これでいよいよ、
優勝決定戦です。

一旦、支度部屋に帰った両者。

しかし、ここでも、私は稀勢はまだ
不利だと思っていました。

勝つための作戦とでも言いましょう
か、立ち合いからどのように攻め、
その後、どのように動くのか、動け
るのか、皆目見当がつかなかった。

左が全くと言っていいくらいに
使えない状況で、左四つを得意と
する稀勢が、どう相撲を取るのか、
取れるのか。

優勝決定戦が始まります。

二年ぶりですか。

久々ですね。

立ち合い、今度も照ノ富士は
つっかけました。

これ、明日のスポーツ紙に照ノ富士
のコメントが出るかどうか分かり
ませんが、「なぜ、本割と決定戦で
二回連続でつっかけたのか」は、
その心理を知りたいところです。

明日のスポーツ紙で出なければ、
照ノ富士が引退する時までお預け
かなあ。

二度目の立ち合い、照ノ富士は、
右を差して、もろ差しとなり、
一気に前に出ました。

これも、見ていて、「稀勢、万事
休すか」と思った。

ところが・・・。

またしても、土俵際、右からの
捨て身の小手投げで、自らも土俵
下に落ちながらも、照ノ富士の体が
先に落ちていることは明らかでした。

行司軍配が稀勢に上がる。

観客からは万雷の拍手。

稀勢、本割と決定戦を連続で勝って、
二場所連続優勝を決めた瞬間でした。

今日の千秋楽の相撲は、時間が押して
いて、この時点で既に18時近くに
なっていました。

18時10分まで大相撲中継は延長
されましたが、これはNHKの英断
でした。

18時5分前後に、国歌「君が代」の
斉唱が始まりましたが、その途中、
稀勢が号泣する様子が画面に映し
出されました。

この瞬間、私はあの「貴乃花」を
思い出しました。

貴乃花が武蔵丸に勝って、奇跡の
逆転優勝を果たした瞬間。

貴乃花はあの時、「鬼神の表情」を
浮かべましたが、泣いてはいません
でした。

稀勢は泣いた。

しかし、この涙こそ、今日の照ノ富士
との本割と決定戦の二番とセットで
語り継がれるものになるのではないか
と思いました。

そう思ったのは、私だけではない
でしょう。

いずれ、10年、20年経って振り返った
時に、「あれはすごかった」と思える、
相撲史に残る一日となったと言っても
過言ではないですよ、今日は。

もう、今日は、この本割と決定戦に
尽きますね。

10年、いや、20年に一度の相撲。

今日は、更新が19時を過ぎましたが、
許して下さい。

「相撲史に残る一日」となったのです
から。

そりゃあ、書く側も力が入ります。

さて、今場所の【速報】もこれにて
終了となります。

今場所もたくさんの読者の皆様に
読んで頂き、感謝しております。

明日以降、恒例の【総括】を二回に
分けて、報じたいと思います。

まだ、興奮冷めやらぬ中、幕を閉じる
のは寂しいですが、明日以降もまだ
まだ書きたいことは山ほどあります。

引き続き、読んで頂ければ幸いです。

今場所もありがとうございました!



*これから、じっくりと読みますよ、
また。↓





*奇跡の逆転優勝記念です、載せて
おきましょう! ↓











posted by あらやまはじめ at 19:30| 神奈川 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 稀勢の里 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック






「いいね!」はコチラ!↓


にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
にほんブログ村

にほんブログ村 歴史ブログ 日本の伝統・文化へ
にほんブログ村