2017年03月21日

【平成29年大相撲春場所・十日目速報】一敗をキープの照ノ富士は、膝の状態が戻ってきたのでしょう、稀勢の里にとっても脅威ですよ・・・鶴竜から金星の嘉風は、明日は稀勢の里戦、占ってみますか

今日はまず、十日目にして一敗を
キープし続けている照ノ富士の相撲
から見ていきましょうか。

この快進撃を場所前に予想した人は
皆無だったのでは?

しかし、日に日に調子を上げている
ことが今日の正代戦からも伺えました。

立ち合い、照ノ富士は左を差します。

そして、右から正代の左を絞り続け
ました。

こういう器用な相撲、ここ数場所の
照ノ富士には見られませんでしたよ。

正代が右を巻き替えてきたところを
照ノ富士はすかさず前に出ては、
最後は左から上手投げで一蹴しました。

ずっと膝の状態が悪く、大負けと
8勝7敗の成績を続けてきましたが、
状態が良くなってきたのでしょう。

これはねえ、全勝の稀勢の里にとっても
脅威ですよ。

いい時の照ノ富士は、もう1年以上前の
話ですが、稀勢の里よりも「綱に近い男」
と呼ばれていましたから。

実際、どんな形になっても相撲が取れる
というのが、照ノ富士の強みでした。

今場所は、そのいい時の状態に近づいて
きています。

照ノ富士の一敗は、全勝の高安に敗れた
黒星のみ。

これはねえ、千秋楽まで優勝争いに
加わってきますよ。

優勝経験もあることですしね。

さて、全勝を守った稀勢の里の相撲に
ついても少し触れておきましょう。

今日の対戦相手は玉鷲でしたが、
立ち合い、稀勢は珍しく右から
張っていきました。

玉鷲の強烈な突き押しを警戒したの
でしょう。

あの張り差しで、玉鷲の動きは
止まりました。

すかさず、左を差した稀勢。

問題なく、寄り切りましたね。

よく考えていましたよ、稀勢は。

同じく全勝をキープした高安ですが、
私はその一番、最後のVTRをチラッと
しか見られませんでしたが、貴ノ岩に
引かれたところを、逆にはたき込んだ
んですかね。

引かれても、今場所の高安は当たりが
強い、だから、引き返せるんですよ。

高安は明日、鶴竜戦ですか?

今場所の勢いから言って、どんな形に
なっても、高安が四分六で有利な気が
します。

流れというものは、そう簡単には
変わりませんからね。

その鶴竜が嘉風に敗れた一番を最後に
振り返りましょう。

これは、嘉風がうまく相撲を取り
ましたよ。

立ち合い、鶴竜は左差しで前に出ました
が、嘉風は突如、突き押しの相撲に変え、
鶴竜を慌てさせました。

嘉風は左の上手も引いて、一気に前に。

鶴竜は防戦一方で、引いてしまった。

嘉風の真骨頂でしたね、今日の一番は。

嘉風は先日35歳になりましたが、体が
動いていますよ。

まだまだやれます。

えっ、明日、稀勢の里戦ですか?

ちょっと占ってみましょうか。

稀勢は、立ち合い、今日と同じように
張っていくかもしれませんね。

動きを止めてしまえば、稀勢が有利
ですから。

ただ、嘉風は、そういう動きを読んで、
一気に中に入るかもしれない。

まあ、張り差しというのは、諸刃の剣
ですよ。

脇が空きますしね。

嘉風の動きを、立ち合いからどう止める
か。

これが、明日の稀勢の最大の焦点と
なります。

あるいは、稀勢も立ち合いから突き押し
に徹するかもしれません。

慌てなければ、突き押しから左を差す
こともできるのが、今の稀勢です。

ちょっと、大注目ですね、明日のこの
一戦は。

明日も稀勢の取組、当ブログでしっかり
とお伝えしたいと思います。



*嘉風が表紙の一冊、見つけました。↓




posted by あらやまはじめ at 18:56| 神奈川 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 照ノ富士 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック






「いいね!」はコチラ!↓


にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
にほんブログ村

にほんブログ村 歴史ブログ 日本の伝統・文化へ
にほんブログ村