2017年03月11日

【平成29年大相撲春場所・展望】勝っても負けても「稀勢の里場所」になるでしょう…しかし、初日から「日馬富士×琴奨菊」戦とはねえ…

今日は東日本大震災からちょうど
6年ということもあり、角界でも
追悼行事が行われました。

そういえば、白鵬の32回目の
誕生日でもありました。

あの時以来、白鵬が力士会の
会長として、数々の支援を行って
きたことには、改めて敬意を表し
たいと思います。

白鵬に限らず、他の力士も含め、
相撲協会全体に対してもね。

さて、明日からいよいよ春場所
が始まります。

もう、世間は、何と言っても
稀勢の里一色でしてね。

今場所は、勝っても負けても、
「稀勢の里場所」になるであろう
ことは間違いなく、当ブログでも
序盤はまずは稀勢の里中心に記事を
書いていくことになろうかと思い
ます。

優勝の可能性?

高いでしょうね。

ただ、白鵬も黙っていないでしょう。

今場所優勝を逃すと、もはや、
「白鵬時代」は、終焉を迎える
ことになると言って過言ではない。

私は、四横綱時代になって、最初に
脱落するのは白鵬なのではないのか
と思っています。

負けが込んだら、あっさり辞めそう
な気がして仕方がない。

もう、ほとんどの記録は更新した
わけですよ、白鵬は。

記録に執着しなくていい分、辞める
のも早いはずです。

まだ、魁皇の最多勝記録があります
から、それを超えるまではやるとは
思いますが…。

あと、二三場所で達成したら、
「電撃引退」もあり得ると思います。

今場所のもう一つの注目は、
関脇に陥落した琴奨菊です。

なんと、明日の初日、横綱の
日馬富士といきなり対戦する
こととなりました。

明日の取組の中で、この一番に
ものすごい違和感を感じるのは
私だけではあるまい。

初日てすからねえ。

もし、琴奨菊が勝ったら、殊勲
インタビューは受けるのかな?

かつて、元大関の貴ノ浪は、殊勲
インタビューを断ったこともあり
ますが、さて、琴奨菊はどうか?

初日の対戦で、照ノ富士と蒼国来
が当たるのも面白い。

照ノ富士も今場所負け越したら
大関から陥落します。

個人的には、一度陥落した方が
いいと思っていますが。

平幕では、新入幕の宇良ですな。

技はもちろんですが、技だけ
ではないところを見せてほしい
ものです。

見所満載の春場所、当ブログ
では、先場所までに引き続き、
連日19時までに【速報】を
出していきます。

こちらも、どうぞお楽しみに!


*こちらの一冊も注目です! ↓

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

稀勢の里と大相撲新時代
価格:1080円(税込、送料無料) (2017/3/11時点)



posted by あらやまはじめ at 20:26| 神奈川 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 稀勢の里 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック






「いいね!」はコチラ!↓


にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
にほんブログ村

にほんブログ村 歴史ブログ 日本の伝統・文化へ
にほんブログ村