2017年02月18日

【速報】「第50回福祉大相撲」は、高安の美声が最大の注目点となりましたね・・・久々に見た「初っ切り」、白鵬にこそ見てほしかった、改めて「エルボー」はいけない

今日も産経新聞の「話の肖像画」は
ありましたが、明日、改めて当ブログ
で触れたいと思います。

というのも、今日は16時30分から
見どころたっぷりの「第50回福祉
大相撲」がありましたので。

私も何年ぶりでしょうかね、こうして
ゆっくりと「福祉大相撲」を見たのは。

見ていて、「初っ切り」がまず、目に
止まりました。

私も「初っ切り」、久々に見ましたが、
つくづく、「白鵬にこそ見てほしい」
と思いました。

「初っ切り」では、力士がやっては
いけない技だとか所作をデフォルメ
して演じますが、いわゆる「肘打ち」
を両力士がやっているのを見て、私は
「白鵬はやっているじゃないか」と
改めて思った。

先場所あたりは、鳴りを潜めた白鵬の
「エルボー」でしたが、それまで、
当たり前のようにやっていて、困った
ことに、誰も指摘してきませんでした。

私は当ブログで再三指摘してきました
が、改めて釘を刺したい。

「エルボーはいけない」と。

本来、「初っ切り」でしか見られない
はずの禁じ手を天下の横綱が本場所
の土俵上でやっている。

恥ずかしいと思え、と改めて言いたい
ですね。

「福祉大相撲」のもう一つの見どころ
としては、力士とプロの歌手が一緒に
歌を歌うシーンがありますが、これも
予想以上に良かった。

驚いたのは、高安の歌唱力ですよ。

最初、西田あいちゃんと一緒に出て
きました。

(*西田あいちゃんは、その後、この
曲も歌いました。↓)

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

最後の頁 [ 西田あい ]
価格:1300円(税込、送料無料) (2017/2/18時点)





高安は西田あいちゃんとデュエットで
「居酒屋」を歌い始めましたが、その
時に私は「おやっ?」と思った。

「高安はいい声をしているなあ」と。

そして、歌を聞けば、「なんたる美声」
と聞き入ってしまいましたよ。

いわゆる、「低音の魅力」ですな。

その後も、ソロで歌いましたが、歌が
うまいと言われる勢より、私は高安の
方が美声だと思いましたね。

願わくば、「主役」であろう稀勢の里
にも歌ってほしかったですが・・・。

横綱になったばかりですから、多忙で
時間が取れなかったのでしょう。

仕方ないですよ、余興ですからね。

しかし、この「福祉大相撲」も第50回
目と聞いて、驚きました。

確かに、私が子どもの頃から年に一度、
この時期にやっていたのは覚えています
が・・・。

素晴らしいことです。

売上は確か、目の見えない人や耳の
聞こえない人のために使われるん
ですよね。

だからこそ、「福祉」大相撲なわけ
です。

これを50年間続けてきたというのは、
もっと評価されるべきでしょう。

相撲協会はおろか、NHK等、関係各位
には頭が下がります。

そして、これまで賛同してくれた力士
のみなさんにも拍手を送りたいと思い
ます。

50年続けることは、並大抵なことでは
ありませんから。



*高安のサイン入りカード、紹介して
おきましょう。↓




posted by あらやまはじめ at 18:51| 神奈川 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 高安 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック






「いいね!」はコチラ!↓


にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
にほんブログ村

にほんブログ村 歴史ブログ 日本の伝統・文化へ
にほんブログ村