2017年02月06日

稀勢の里、「大相撲トーナメント」初優勝で、サンスポ一面!・・・今日発売の「サンスポ特別版 祝誕生! 第72代横綱 稀勢の里」に花を添えたというわけです

昨日、当ブログで「大相撲トーナメント」
の【速報】を、見ていないながらも、
お届けしましたが、あの後、うちの
中三の娘がその番組を録画していた
ことが分かりました。

最近、娘もだんだん相撲好きになって
きましてね。

だれに似たんだか・・・。

しかし、娘のおかげでじっくりと、
昨日の取組を見ることができました。

やはり、花相撲だけに、本場所ほど
の緊迫感のある相撲はあまり見られ
ませんでしたが、それでも、稀勢は
決勝戦以外は、終始左四つからの
攻めが目立っていましたね。

決勝戦では貴ノ岩にいい形になられ
ましたが、先の初場所の白鵬戦同様、
逆転の突き落としで破ったあたりは、
「流れが続いている」と思いました。

今日のサンケイスポーツでは、唯一
「稀勢」のデカ字が一面を飾りました
が、これは、なんとも、タイムリー
でしたね。

というのも、「サンスポ特別版 祝
誕生! 第72代横綱 稀勢の里」が
まさに今日、発売されたからです。

(*コチラですな。↓)




これ、私も今日、早速購入しました
が、まだ見る時間がなく、明日にでも
じっくり読んで、所感を書ければと
思っています。

まあ、サンスポさんにとっては、絶好
のタイミングで「花を添えた」ことに
なりますね。

ましてや、昨日、優勝杯を渡したのは
貴乃花親方ですよ。

渡す際に、貴乃花親方は「よかったな」
と言って、稀勢の里も「ありがとう
ございます」と頭を下げました。

憧れの貴乃花親方。

今日のサンスポにも載っていましたが、
国技館で日本出身力士が横綱土俵入り
をするのは、その貴乃花親方の引退
相撲以来、4998日ぶりだったと・・・。

ほぼ、5千日ぶり。

単純計算でも、13年以上です。

待っていたんだよねえ、やっぱり。

お客さんは正直です。

昨日は、トーナメントであるにも
関わらず、満員の11050人が
集まりました。

そして、昨日春場所の前売券が
発売されましたが、2時間半で
完売したと・・・。

ありがたい話です。

当日券は各日200枚用意されるよう
ですが、プラチナチケットでしょう。

相撲協会は、ここで流れを止めては
なりませんよ。

先に当ブログでも触れたとおり、
私は稀勢の里の明治神宮での土俵
入り、見に行くも、まともに見ることは
できませんでした。

こういう「愚」を繰り返していると、
ファンから見放されます。

稀勢の里人気に沸いている今だから
こそ、もっと攻めなければなりません。

差し当たっては、稀勢の里をもっと
テレビ・ラジオ番組にもっと出演
させてもらいたいですね。

稀勢の里は、あまりテレビ向きでは
ないようにも思いますから、ラジオ
が最適かもしれない。

NHKの番組を優先でも構わない。

「稀勢の里とはこういう人物なのか」と
いう驚きを視聴者なり、聴取者なりに
知らしめてほしい。

我々相撲ファンでさえ、稀勢の里の
ことを、土俵以外では実はほとんど
知りません。

マスコミに露出して、CMに出たって
いい、日本全国から愛される横綱に
なってもらいたいと思いますね。



*今日、私が行った問屋にも置いて
ありましたが、やはり、箱でしか
売っていませんでした。↓



posted by あらやまはじめ at 20:08| 神奈川 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 稀勢の里 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック






「いいね!」はコチラ!↓


にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
にほんブログ村

にほんブログ村 歴史ブログ 日本の伝統・文化へ
にほんブログ村