2016年12月12日

正代らと共に、白鵬も熊本慰問は、責任感の表れでしょう、称賛したいですね・・・「ナンバー1」なる本も発売されました、注目です

先程、NHKのニュースを見ていたら、
地元出身の正代らと共に、白鵬も
熊本を慰問するシーンが流れました。

その取口には批判的な私ではあります
が、こういった支援への姿勢に関して、
私は白鵬という力士は大いに称賛して
います。

今回の熊本に限らず、私の故郷、仙台
にも東日本大震災の慰問で、これまで
何度も訪れています。

これはねえ、なかなかできることでは
ありません。

ましてや、白鵬の場合、誕生日が3月
11日ですからねえ・・・。

思うところもあるのでしょう。

しかし、被災地の慰問は、相撲協会を
代表しての「責任感の表れ」だと私は
思っています。

「自分が相撲界の代表である」という
責任感。

これは、現在の角界では、白鵬にしか
できない。

自他ともに、「ナンバー1」を認めて
いるからこそできる。

そんな「ナンバー1」の白鵬は、つい
先日、親交の深い放送作家の鈴木おさむ
さんの編集の下、「ナンバー1」という
本を出版しました。

(*コチラです。↓)

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ナンバー1 [ 白鵬 翔 ]
価格:1998円(税込、送料無料) (2016/12/12時点)





これ、先の九州場所で通算1000勝を
挙げたこともあって、発売された
のでしょうが、私もちょっと気に
なっています。

なにしろ、通算1000勝を挙げたのは、
長い相撲の歴史の中でも3人目です。

魁皇が1000勝を挙げた時にも類似の
本が発売され、私は購入しました。

(*これ、引退した後だったかな? ↓)

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

完全燃焼大関魁皇1047勝の軌跡 [ 西日本新聞社 ]
価格:1028円(税込、送料無料) (2016/12/12時点)






魁皇の時よりも、今回の本は、写真
満載の上、各界の第一人者との対談も
たくさん載っているようですから、
これは注目と言えば注目です。

もっとも、その「各界の第一人者」の
ラインアップを見ると、正直、私は
あまり興味のない面々ばかりが揃って
いるのですが・・・。

だれとは言いませんが、やっぱり、
昔の角界とは、付き合う人物も
違ってきているんだろうなあと
思います。

本来、これくらいの大横綱であれば、
政治家とか財界人とか、呼ぶべき
人材はたくさんいるはずですが、
今回は芸能界に限られています。

この辺がねえ、白鵬が今一つ、
「大物」になりきれない、世間
から認めてもらえない一因なの
ではと思ったりもしますねえ。

別に白鵬に責任があるわけでは
ありませんが。

まあ、書店で見かけて、パラパラと
めくって、「これは!」と思えば、
私は購入したいと思います。



*アマゾンでも発売されています。
白鵬関連の本もまとめてどうぞ。↓















posted by あらやまはじめ at 23:36| 神奈川 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 白鵬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック






「いいね!」はコチラ!↓


にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
にほんブログ村

にほんブログ村 歴史ブログ 日本の伝統・文化へ
にほんブログ村