2016年11月27日

【平成28年大相撲九州場所・千秋楽速報】稀勢の里、単独で「年間最多勝」は、この一年間、最も安定して強かったということです…今からでも遅くない、横綱にしてやれないか、「内規」を超えた存在なのだから

昨日、鶴竜の優勝が決定し、
今日、私にとっての最大の
見所は、稀勢の里が単独で
年間最多勝を獲得するかどうか
という点でした。

その稀勢と宝富士の一番を少し
振り返ってみましょう。

…いや、その前に、あまりの成績の
悪さに「これより三役」での相撲を
取れなかった琴奨菊について、まず
一言。

「初場所を思い出せ」。

屈辱ですよ、大関が平幕に「これ
より三役」の相撲を譲るというの
はね。

来場所で、初優勝からちょうど
一年です。

どこか悪いのであれば、年末年始
にしっかりと治して、初場所に
臨んでもらいたいものです。

で、稀勢ですが、やっぱり、同じ
左四つの相手で、取りやすかった
ですね、宝富士は。

変な動きをするわけでもないし、
押し相撲の力士でもない。

左四つから、右上手を取ると、
問題なく寄り切りました。

これで、稀勢、単独で年間
最多勝を決めました。

69勝21敗。

これを、どう見るか?

まず、この一年間、最も安定して
強かったということです。

白鵬が休場したから、という声も
聞こえますが、稀勢は休場もせずに
相撲を取り続けて、この結果を
出したんです。

今場所優勝した鶴竜も、途中休場
した場所がありました。

日馬富士が唯一、出場し続け
ましたが、今日、鶴竜に敗れ、
稀勢に2差を付けられました。

この事実をどう見る?

私は、今からでも遅くない、
稀勢を横綱に昇進させても
いいと思う。

相撲協会も、審判部も、横審も皆、
「内規」にとらわれすぎですよ。

「直前二場所の安定感」は、
そんなに大事か?

稀勢は「直前六場所」で、最も
安定しているんですよ。

「内規を超えている」んです、
稀勢は。

内規の方がおかしいんですよ。

二場所だけいい成績を収めて
横綱にして、その結果、年間
最多勝を、日馬富士も鶴竜も
1度も取ったことがない。

おかしいですよ。

相撲協会も、審判部も、「内規」
ばかりを盾にして、「二場所
連続の優勝、もしくは、それに
準ずる成績」にこだわりすぎ
です。

「年間を通して、優勝と同等の
成績」は、横綱に値しないのか?

優勝なしで年間最多勝を獲得
したのは稀勢が初めてですよ。

優勝したことがあっても、年間
最多勝を獲得したことのない
力士の方が多いんです。

過去に例のない力士である
稀勢は「内規を超えた存在」。

特例での横綱昇進をさせて、
誰が異議を唱えるだろうか?

勇気をもって、稀勢を横綱に
推挙してくれることを願い
たい。

横審よ、こういう時こそ、
存在感を発揮する時ですよ。

蛮勇を期待したい。

議論を促すことが先ですよ。


*この人なら、どういう意見を
言うのだろうか、気になります。↓



posted by あらやまはじめ at 18:49| 神奈川 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 稀勢の里 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック






「いいね!」はコチラ!↓


にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
にほんブログ村

にほんブログ村 歴史ブログ 日本の伝統・文化へ
にほんブログ村