2016年10月22日

新人女優、木竜麻生(きりゅうまい)ちゃんが「女力士」役で、映画「菊とギロチン」の主演ですか…大正時代に流行していたんですか、「女相撲」は?

女相撲。

私も以前、当ブログで取り上げた
ことがありましたが、今日のサンケイ
スポーツの芸能欄に、女相撲に関する
興味深い話題が載っていましたので、
紹介しておきましょう。

話題の主は、新人女優の木竜麻生
(きりゅうまい)ちゃんです。

22歳。

映画「菊とギロチン」の主演に
抜擢されたことが大きく取り上げ
られていましたが、その役どころが
面白い。

女力士ですよ。

サンスポには、彼女が立ち合い、
相手と見合う写真が掲載されて
いました。

典型的な「腰高」の立ち合いです
がね。

…いや、それでも、彼女は大学の
相撲部で猛特訓しては、体重も
増やして、撮影に臨んでいるとの
こと。

この心意気を買おうじゃあり
ませんか。

当ブログ的に気になったのは、
サンスポに書いてあった次の
一節です。

「大正時代に女相撲は流行して
いた」

この映画でも、その時代の女相撲
を描いているようですが、そう
なんですか?

私も女相撲には疎いので分かり
ませんが、もしそうだとしたら、
その後、なぜ、もっと流行しな
かったのか、が気になりますね。

戦争が関係しているのかな?

戦争時には、大食いの力士は
一番敬遠される存在ですからね。

ましてや、あの時代の女性はね。

この映画、公開は来年を予定して
いるとのこと。

見てみたいですね、一相撲ファン
としては。


*木竜麻生ちゃんは、コチラの
映画で女優デビューしたそう
ですよ。↓


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

まほろ駅前狂騒曲 [ 瑛太 ]
価格:3693円(税込、送料無料) (2016/10/22時点)



posted by あらやまはじめ at 19:38| 神奈川 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 相撲全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック






「いいね!」はコチラ!↓


にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
にほんブログ村

にほんブログ村 歴史ブログ 日本の伝統・文化へ
にほんブログ村