2016年09月15日

【平成28年大相撲秋場所・五日目速報】5連勝の豪栄道は、宝富士相手に左を許さず、いい相撲を取りましたよ…初解説の元時天空、間垣親方は、ハキハキしていて良かったですね

今日五日目、NHKの大相撲中継の
解説は、向正面が元時天空の間垣
親方でした。

場所前に引退して、今日が初解説
となりましたが、良かったですね。

ハキハキしていて。

表情も穏やかになってねえ、かつて
土俵では険しい表情しか見たことが
なかったので、結構ギャップがあり
ましたよ。

今後、親方として、ますますの
活躍を期待したいですね。

(*今日初解説の元時天空のカード、
紹介しておきましょう。残りわずか
てす。↓)




さて、今日の土俵ですが、私は
ラジオで聞いていましたが、まず
隠岐の海が全勝を守りましたね。

今日の対戦相手は、平幕の
松鳳山ということで、私は逆に
ちょっと心配していましたが、
物言いの末に勝ちました。

これは大きいですよ。

こういうツキは大切にして
いかないとね。

上位陣では、豪栄道が唯一
全勝を守りました。

その豪栄道と宝富士の対戦を
ちょっと振り返ってみましょう。

立ち合い、豪栄道は低く当たって
は、右からおっつけて、宝富士の
左を封じました。

これが大きかったですよね。

宝富士の左からの小手投げを
食らいそうになるも、堪えて、
最後は右を差して寄り切り。

いい相撲でした。

序盤を全勝で切り抜けたのは、
自信になるでしょう。

優勝争いの話をするのはまだ
早いかもしれませんが、意識
していいのではないでしょうか。

初優勝のチャンスですよ、
豪栄道にとってはね。

貴ノ岩と初顔合わせとなった
稀勢の里の相撲についても、
一言。

全く問題はありませんでしたね。

左をすぐには差せませんでした
が、強烈な左からのいなしで、
貴ノ岩の体勢を崩しては、
なんなく寄り切りました。

今日正面解説の北の富士さんも
語っていましたが、「この相手
にてこずっていたら困る」が、
まさにその通りでしてね。

明日以降は、普段通り取れるん
じゃあないですか。

稀勢の明日の対戦相手である
正代は、結びで日馬富士と
取りましたが、少しずつ力は
つけてきていますが、まだまだ
「顔」じゃないですよ、稀勢
からすれば。

落ち着いて取れば、負ける相手
ではありません。

今日は上位陣が、今場所初めて、
全員安泰でした。

明日からの中盤戦も締まった
土俵を期待したいと思います。


*今日の正面解説、北の富士さんの
本です。↓






posted by あらやまはじめ at 13:52| 神奈川 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 豪栄道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック






「いいね!」はコチラ!↓


にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
にほんブログ村

にほんブログ村 歴史ブログ 日本の伝統・文化へ
にほんブログ村