2016年09月15日

10月4日の「大相撲beyond2020場所」で20年ぶりに披露される「三段構え」は注目です!・・・日馬富士と鶴竜の両横綱がこの「神事」を行うと・・・白鵬は?

昨日の当ブログでも少し触れました
が、秋場所後、10月4日に行われる
「大相撲beyond2000場所」について、
少し書いておきたいと思います。

「大相撲beyond2000場所」とは?

来たる2020年の東京五輪・パラリンピック
に向けての機運醸成につなげる国際
交流イベントだそうで、外国人や
障がい者も招待されるそうです。

なぜ、私がここまでこの「花相撲」
に注目するのか?

それは、20年ぶりに横綱2人による
「三段構え」が披露されるからです。

「三段構え」とは?

大相撲における重要な行事で横綱2人に
よって披露される「儀式」とでも呼べば
よいでしょうか。

なかなか見られるものではありません。

私が覚えているのは、両国国技館の
落成式で北の湖と千代の富士の両横綱
によって披露された「三段構え」です。

もう31年前なんですねえ。

今回の「三段構え」は、96年に貴乃花と
曙が披露して以来20年ぶりになりますが、
「大相撲beyond2020場所」では、日馬富士
と鶴竜の両横綱が披露する予定であると。

白鵬は?

ケガのため、場所前に「三段構え」の
練習ができなかったことから、不参加
となりました。

「罰当り」とまでは言いませんが、
やっぱりねえ、「巡り合わせ」という
ものがあります。

日馬富士も鶴竜も「名誉で、光栄な
こと」と恐縮しています。

日馬富士と鶴竜の「三段構え」、今から
楽しみにしていますよ、私は。

「神事」ですからね。


*吉田司家による、興味深い一冊です。↓



posted by あらやまはじめ at 11:17| 神奈川 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 相撲全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック






「いいね!」はコチラ!↓


にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
にほんブログ村

にほんブログ村 歴史ブログ 日本の伝統・文化へ
にほんブログ村