2016年07月26日

【平成28年大相撲名古屋場所・総括・三役編】宝富士戦で「エルボー」を封鎖された白鵬、この五日目の一番が場所の流れを完全に変えましたね・・・小結で11勝の高安は立派、大関昇進への足掛かりにしてもらいたいものです

お待たせしました。

名古屋場所の総括を始めたいと
思います。

まずは、【三役編】から。

今場所の主役は誰だったのか?

優勝した日馬富士?

綱とりが来場所につながった稀勢の里?

私はねえ、「宝富士」を挙げたい。

宝富士は今場所西前頭2枚目でした
ので、明日以降、【総括・平幕編】で
取り上げますが、なにより、五日目の
白鵬戦、これが名古屋場所の流れを
完全に変えました。

初日から、白鵬、私も再三指摘して
きましたが、「バカの一つ覚え」の
ように、左から張り手、右からの
「エルボー」を飽きもせずに繰り
返してきました。

もはや、「反則」と言ってもいい、
「エルボー」。

あれは、「かち上げ」ではないです
からね。

はっきり言って。

「いつかバチが当たる」と思っていま
したが、宝富士が五日目に白鵬の
「エルボー」を封鎖したことにより、
白鵬、六日目以降、立ち合いでの
「エルボー」はおろか、張り手を
見せることもなくなりました。

張り手と「エルボー」が使えなかった
結果が10勝5敗です。

いや、宝富士戦以降に限れば、
6勝5敗。

勢戦での右足親指負傷は「バチが
当たった」が故の自業自得でして、
これが「現在の白鵬の実力」と言って
差し支えはないでしょう。

王道の相撲を取ってこなかった
ツケです。

来場所も同じように「張り手と
エルボー」を使えないとすれば、
同じような結果が待っています。

案外、引退は早いかもしれませんよ。

優勝した日馬富士は「助かりました」
ね。

白鵬が「実力通り」の相撲を見せた
結果、また、鶴竜も早々に休場した
結果、前半戦で2敗していたにも
関わらず、「お鉢が回ってきた」と
でも言いましょうか。

もっと言えば、稀勢の里が平幕
相手に「自滅」してくれた。

こういう好条件が整えば、日馬富士
にも優勝が回ってくるという良き例
ですよ、今場所は。

まあ、終盤になるにつれて、体が
動いてきていたのは確かですがね。

稀勢の里は、序盤、栃煌山に不覚を
取りましたが、それは大して大きな
問題ではありませんでした。

むしろ、問題視すべきは十日目の
松鳳山戦ですよ。

松鳳山の立ち合いの変化にバッタリ。

あれは、頂けませんでした。

あれがなければ、綱とりは今場所
成就できていたと思う。

・・・「たられば」を場所後に言っては
いけませんが、重ね重ねもったい
なかった。

星数に限らず、来場所も「優勝」
すれば横綱昇進と、相撲協会も昨日
明言しました。

来場所こそ、悲願成就するでしょう。

ケガさえなければね。

大関陣では、もう一人、千秋楽に
勝ち越した照ノ富士について一言。

先場所よりは状態は良かったとは
いえ、あの膝の状態でよく勝ち越し
ましたよ。

すぐに劇的に良くなることはない
とは思いますが、少しずつ、治して
いってほしいですね。

素質から言えば、稀勢の里以上に
「横綱候補」だったわけですから。

関脇小結陣では、西小結で11勝を
挙げた高安に尽きますね。

いや、これまでも何場所か小結を
経験してきた高安ではありました
が、立ち合いから前に出る圧力が
確実に増しています。

兄弟子の稀勢の里と猛稽古を積んで
きたが故の相乗効果でしょうなあ、
これは。

小結で11勝なら、大関とりの起点に
なります。

来場所は新関脇確実。

まだまだ、相撲にムラがありますが、
ぜひとも大関昇進への足掛かりに
してほしいですね。

【三役編】はこのくらいにしましょう。

明日以降、【平幕編】を取り上げます
が、これは大変ですよ。

今場所は取り上げたい平幕力士が
たくさんいますからねえ。

こちらの方もどうぞ、ご期待下さい!



*「月刊相撲」8月号は明後日28日(木)
発売です。↓

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

相撲 2016年 08月号 [雑誌]
価格:929円(税込、送料無料) (2016/7/26時点)






posted by あらやまはじめ at 13:40| 神奈川 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 白鵬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック






「いいね!」はコチラ!↓


にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
にほんブログ村

にほんブログ村 歴史ブログ 日本の伝統・文化へ
にほんブログ村