2016年07月25日

「週刊ポスト」に掲載の「怪死した『床山K』」とは、東関部屋の床泉(小池恭平さん)でしょう・・・34歳で、お気の毒です・・・

先週末に発売され、購入した「週刊
ポスト」ですが、週末は忙しく、
目を通す暇がありませんでした。

(*今週の「週刊ポスト」はコチラ
です。↓)

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

週刊ポスト 2016年8月5日号【雑誌】【2500円以上送料無料】
価格:429円(税込、送料別) (2016/7/25時点)





いざ、先程、チラチラと見ていたら、
角界の話題が載っているではあり
ませんか。

見出しがすごい、次のように書いて
あります。

・角界浄化スクープ 
20年前の角界大スキャンダル
「大鳴戸事件」そっくり
相撲協会「新旧権力闘争裁判」の渦中に
鍵を握る「床山K」が怪死した


・・・長すぎます。

この「床山K」とは、誌面では「東関
部屋の三等床山」としか書いてあり
ませんが、「34歳で自ら命を絶った」
と年齢の記載がありました。

そこで、私は「月刊相撲」の「全相撲人
写真名鑑」で調べたら、載っていました。

床泉です。

本名は、小池恭平さん。

まだ若いのに、なんともお気の毒な話
です。

これ、書くと非常に長くなりますので、
興味のある方はぜひとも、「週刊ポスト」
の当該記事をご覧頂きたいのですが、
簡単にまとめると次のようになります。

・「K氏」なる人物が、北の湖理事長時代
より、相撲協会の事務を取り仕切ってきた。

・ところが、協会への背信行為や不正が
あったと疑われ、八角理事長が調査を
始めた。

・その「K氏」と近しい関係にあったのが、
床山K(床泉ですな)。

・理事長選で貴乃花親方側についた「K氏」
と床山Kは、八角理事長の当選により、
疑惑について、本格的に調べられ始める
ことになった。

・そんな最中、床山Kは自殺。

・・・このような流れになります。

まあ、土俵とは全く関係のないところ
で、このようなゴタゴタが起こるのは
気分が悪いものではありますが、その
流れで協会に入ったカネが結果的には
力士の給料として渡っていることを
考えれば、無視はできない問題でしょう
ね、これは。

ちなみに、「K氏」は、相撲協会から
解雇され、協会と裁判中とのこと。

いずれ、この「K氏」にもメスが
入るものと思われます。

公益財団法人ですからねえ、日本
相撲協会は。

税制上の優遇措置もあるわけです。

一般企業とは違います。

不透明なカネの動きについては、
徹底的に洗い出して、表沙汰に
すべきでしょう。

まあ、角界はそもそもが「ごっつぁん
体質」で、古い世界ではあります。

しかし、もはや、そんな「なあなあ」で
生き延びることができるほど甘くはない
ことは、世間の相撲に対する目線が
厳しいことからも一目瞭然です。

数年前には、八百長問題や薬物問題も
あった。

いつまで続けるのか、こんなことを。

ここは、「週刊ポスト」に頑張って
もらって、続報を期待したいと思います。



*「大鳴戸事件」について、ここでは
追及しませんが、興味のある方は、
コチラの本をどうぞ。↓

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

送料無料/八百長 相撲協会一刀両断/元・大鳴戸親方
価格:1543円(税込、送料無料) (2016/7/25時点)




posted by あらやまはじめ at 12:43| 神奈川 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 相撲全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック






「いいね!」はコチラ!↓


にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
にほんブログ村

にほんブログ村 歴史ブログ 日本の伝統・文化へ
にほんブログ村