2016年07月20日

【平成28年大相撲名古屋場所・十一日日速報】豪栄道を破った正代は、日に日に力を付けてきていますよ…明日対戦する稀勢の里は、細心の注意を払わないとね

先場所、初めて上位に上がった
正代。

しかし、立ち合いから、若者
らしからぬ、「受けに回る」
相撲が相次ぎ、私は先場所の
当ブログで正代を叱咤しました。

「もっと、若者らしく、自分
から当たっていけ」と。

その正代、先場所負け越しました
が、大負けしなかったことから、
今場所は東の5枚目にとどまり
ました。

その正代、今場所はいいですよ。

やっぱり、反省したんだろうね、
先場所後に。

しかし、反省しても、すぐに
強くなるとは限らないのが、
この世界です。

ところが、正代は違う。

今場所、見違えるような相撲を
取っています。

「大器」たるゆえんです。

その正代の今日の相撲、私は
目を見張りましたね。

豪栄道への挑戦。

立ち合い、豪栄道は左から
張っていきました。

バカですよ、豪栄道は。

あの張り手はねえ、もう、
効きません。

というか、大関が張り手をする
見苦しさに、そろそろ気付く
べきですよ。

戦術上も、脇が空いて、むしろ
「負けにつながる」。

やめなさい、張り手は。

案の定、豪栄道は、正代に左の
肩越しに上手を取られました。

驚いたのは、ここからです。

正代、左から、強引とも言える
出し投げ。

これに、豪栄道、体勢を崩し、
正代、あっという間に寄り切り
ました。

その、スケールの大きい相撲を
見て、私は「日に日に力を付けて
いる」と改めて思いましたね。

その正代は明日、稀勢の里と
当たります。

稀勢はねえ、細心の注意を
払わないと、やられますよ。

今日のような上手を与えない
ようにしないとね。

その稀勢、今日は勢との対戦
でした。

こちらも少し見ていきましょう。

すぐに左を差して、右の上手も
引きました。

しかし、寄り切れない。

ここに、昨日敗れた影響を
見ましたね、私は。

「大事に行こう、大事に行こう」
とね。

土俵際、勢に振られる場面も
ありましたが、稀勢、落ち
着いていました。

二度目の寄りで、勢を土俵外に
出しました。

これでいいですよ。

これくらい、注意していれば、
明日の正代戦も大丈夫かとは
思いますがね。

どうなるか?

最後に、右足の親指を負傷して
いる白鵬について一言。

今日も右肩をぶつけるような
立ち合いとなり、対戦相手の
魁聖はすぐに左の上手を引き
ました。

ここですぐに仕掛ければいい
ものを、魁聖、ミスったとしか
言いようがない。

というか、ケガをしていても、
白鵬には勝てないと、ハナから
思っていたのでしょう。

白鵬に万全の体勢を許すと、
上手も切られてしまった。

これじゃあ、勝てない。

今の白鵬に勝たずして、いつ
勝つというのか?

魁聖に策がなさすぎました。

相撲も遅すぎた。

こんな力士が関脇なんですから、
差がありすぎですよ。

しかし、明日、白鵬は、これまた
満身創痍の照ノ富士と対戦します。

これは、少しは見応えのある
相撲になるのではないか。

照ノ富士も、今日は立ち合いの
変化をするなど、勝ち越しの
ために必死の土俵が続きます。

案外、すぐに、勝負が決まって
しまうかもしれませんね、明日も。

変化するにしろ、組むにしろ。

ちょっと、注目したいと思います。





*今週の「FLASH(フラッシュ)」に、
宇良が載っています。↓


posted by あらやまはじめ at 14:47| 神奈川 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 正代 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック






「いいね!」はコチラ!↓


にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
にほんブログ村

にほんブログ村 歴史ブログ 日本の伝統・文化へ
にほんブログ村