2016年07月15日

【平成28年大相撲名古屋場所・六日日速報】もろはずで照ノ富士を押し切った御嶽海を絶賛したいですね、今日は…稀勢の里は土俵際、九死に一生、軍配差し違えはラッキーでしたよ

六日目が終わりました。

全勝の逸ノ城に土がつき、
一敗は9人ですか?

まあ、思いもかけず、「荒れる
名古屋」となりましたね。

さて、今日ですが、私が絶賛
したい一番がありました。

御嶽海が照ノ富士に挑戦した
取組です。

ちょっと見ていきましょう。

その立ち合い、照ノ富士は左
から張っていきましたが、この
悪癖は、状態のよい時なら
まだしも、現在の照ノ富士
では、脇が甘くなり、相手に
中に入られるだけです。

「白鵬の猿真似はやめろ」と
前々から私は当ブログで指摘
していますが、「大横綱」の
真似をしたがるのは子どもに
限った話ではなく、当の力士も
そうなのが悲しいですね。

白鵬がもたらした「悪影響」は、
こんなところにも広がっている
ことを、相撲ファンの読者の
皆様には改めて噛み締めて
ほしいですよ。

照ノ富士、案の定、御嶽海に
中に入られました。

というか、体格差があったから
か、御嶽海、「もろはず」の形と
なりました。

これはねえ、効果的でしたよ。

照ノ富士は、苦し紛れに抱え
込みに行きますが、膝の状態が
悪くなってからの照ノ富士は
あの形で勝てなくなりました。

もろはずのまま、前に出る
御嶽海。

がむしゃらに前に出たのが
良かったですね。

「若武者の相撲」でしたよ。

最後は、照ノ富士、土俵際で
とったりに行きましたが、
体勢が崩れており、こらえ
きれずに土俵際を割りました。

完勝です、御嶽海の。

真っ向から当たって、前に
出て、大関に初めて勝った
わけですから、絶賛していい
ですよ、この一番は。

稀勢の里の相撲も少し。

妙義竜との対戦でしたが、
相撲は完全に負けていました。

昨日、当ブログでも、「左が
差せない時の稀勢は心配」と
指摘しましたが、今日もその
形となってしまった。

対戦相手も、考えていますよ。

ましてや、実力者の妙義竜です、
密着させないように、押し込んで、
稀勢に左を差させなかったのは
見事でした。

土俵際は微妙でしたが、九死に
一生でしたね、稀勢は。

行司差し違えで、なんとか
一敗を守りました。

ラッキーでしたよ。

まだ、運は稀勢に味方して
います。

このツキを生かしてほしい
ですね、中盤戦は。

最後、白鵬についても一言。

対戦相手は、今場所、動きの
良くない琴勇輝でしたが、
その立ち合い、白鵬、今日は
胸から当たっていきました。

一方の琴勇輝は、昨日、白鵬に
勝った宝富士の取り口を参考に
したのでしょう。

左から、「エルボー」を防ごうと
ばかりに、肘を上げてきました。

ところが、白鵬が「エルボー」を
してこなかったから、空回り
しました。

そりゃあねえ、横綱だって
バカじゃありません。

同じ手を二日続けて食う
くらいなら、既に引退して
いますよ。

琴勇輝が単純すぎましたなあ。

しかし、白鵬、今日は引き技
で勝つという、やや消極的な
取り口になったのは、「今場所
は厳しいかも」と思っているに
違いない。

宝富士のおかげで、「バカの一つ
覚え」と私が愚弄してきた、
「張り手からのエルボー」が、
もう通用しなくなるかもしれない
からですよ。

力の衰えた白鵬が、最後の最後に
活路を見出だした、「バカの一つ
覚え」、いや、「張り手からの
エルボー」が効かないとなると、
白鵬の取り口は変わってきます。

稀勢にとっては、千載一遇の
チャンスとも言えます。

まあ、王道の相撲を取り続けて
きた稀勢への「ご褒美」になるん
じゃあないですか。

中盤戦以降の白鵬の取り口の
変化、これは、別の意味で注目
ですよ。



*この「月刊相撲」の増刊号は注目
ですね、双葉山ですよ。↓


posted by あらやまはじめ at 17:41| 神奈川 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 御嶽海 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック






「いいね!」はコチラ!↓


にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
にほんブログ村

にほんブログ村 歴史ブログ 日本の伝統・文化へ
にほんブログ村