2016年05月22日

【平成28年大相撲夏場所・千秋楽速報】稀勢の里、2場所連想13勝で、かろうじて来場所の「綱とり」につなげたことは大いに評価しましょうよ…新小結の魁聖、千秋楽で勝ち越しは立派、来場所の新関脇が楽しみですよ

昨日、白鵬の優勝が決まった
からと言って、今日の千秋楽、
見所がなかったということは全く
なく、むしろ、大いにあったと
言っていいでしょう。

何より、稀勢の里ですよ。

今日勝つか負けるかでは、天と
地ほどの差がある。

日馬富士との対戦、これは、
稀勢が昨日とは打って変わって、
厳しい相撲を取りました。

立ち合い、すぐに左をねじ込み、
右からおっつけてねえ、突き押しの
相撲になりかけましたが、終始、
前に出ていたのは稀勢でした。

圧巻の押し出しで、2場所連続となる
13勝を挙げました。

昭和の時代であれば、十分、横綱に
昇進できる成績ではありますが、
平成のこの時代、綱とりの基準は
厳しくなっています。

来場所、12勝でも、13勝でも、
横綱を一人か二人倒して、優勝
すれば、横綱昇進は間違いない。

今場所よりも、ハードルは下がる
わけです。

行けますよ、先場所からの相撲を
見ていれば。

次の名古屋場所の楽しみが一つ増えた
と言っていいでしょう。

さて、今日の相撲で私が「おやっ?」
と思ったのは、新小結で千秋楽を7勝
7敗で迎えた魁聖です。

対戦相手は、栃煌山。

私は「勝ち越しているとはいえ、
実力者の栃煌山が有利だろう」と
見ていました。

ところが…。

魁聖、右から、そして、取組後に
見たら、左からも、強烈なおっつけ
一本で、栃煌山を一気に寄り切り
ました。

私はねえ、この魁聖には、今から
でも遅くない、敢闘賞を上げるべき
だと思いました。

これで、魁聖は来場所、新関脇は
確実ですよ。

しかし、よくぞ、新小結で勝ち越し
たものです。

また、今日の相撲では負けたものの、
栃ノ心が技能賞を受賞したのは、
これ、今場所から三賞選考委員が
替わったことが大きいですよ。

なぜ、栃ノ心が技能賞?

聞けば、近年見られない「つり出し」
を今場所決める相撲が評価されたと。

つり出しが技能賞の決め手になる
とは、時代も変わったと思いますが、
それでも、ここ数年の三賞、特に
技能賞の選考基準が厳しすぎた
ことを思えば、慶事なのかもしれ
ません。

三賞インタビューを受けた栃ノ心も
うれしそうでしたし、良かったん
じゃあないですか。

さて、今場所も終わりました。

15日間、当ブログをご覧頂いた
読者の皆様に感謝いたします。

また、何より、力士の皆さんが
頑張ったからこその当ブログ
でしてね。

全力士、親方、並びに大相撲関係者の
全員にこの場を借りて感謝したいと
思います。

ありがとうございました。

明日以降、二回に分けて、恒例の
【総括】を行います。

こちらも、どうぞ、ご期待下さい!
posted by あらやまはじめ at 18:37| 神奈川 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 稀勢の里 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック






「いいね!」はコチラ!↓


にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
にほんブログ村

にほんブログ村 歴史ブログ 日本の伝統・文化へ
にほんブログ村